社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

スポンサードリンク
先日、綾先生が「ここは何でも良いから好きなポーズを自分で考えて決めてみてね」と生徒さんに宿題を出していました。「何でも良い」「自由に」「好きに」


こう指導されることが一度はあると思うけど、何でも良いって意外と難しく感じる人も多いんじゃないかな。


僕のように「何でもいいんですか?じゃあこうします!」
先生「うーん。それはやめとこうか?」
という場合もなくはない(笑)


実際、フリーアームのように自由で良いといいつ「そのアームは不自然やろ」という場合もあるし、ダンサーにとって一体自由とは?!と考えてしまうよね(笑)好きにポーズ、、、うーんこんな感じかな?と実際にポーズをとっても何だか決まらない。あるいは私の大好きなあの選手のポーズを真似しよう!とやってみたけど明らかに違う。


こんな時にちょっと役に立つ簡単な方法を紹介します。何点かチェックするだけでラインがガラッと変わるかも。


・捻り
上半身を回す、あるいは下半身を回して身体を絞ってみましょう。上半身と下半身の回転量が同じだと平面的に見える場合があります。上と下に差をつけてみます。


・背中の高低差
例えば右手を上げる時、腕だけで上げてしまうとボディが四角く見えてしまいます。左肩甲骨が下がり相対的に右肩甲骨が高い位置にきてその延長戦線上に右腕がくると良いです。
というように、肩のラインが左右で平行でなく、高低差ができると立体感のあるポーズとなります。ただし、肩のラインは肩甲骨が動いた結果変化するというのがポイントで、肩単独で動かすと首が詰まってみえるので注意しましょう。


・手の置き場所
迷ったら自分の手のひらを何処におくか決めましょう。手の位置が決まれば腕の位置も必然的に決まります。まずは外に開いて使うか、自分に使うか。女性ならば、首、胸、腰、脚あたりに触れるがオススメかな。男性は自分に触れる表現は少ないけど、腰においておくのはアリ。上記の捻りや背中の高低差をやらずにこれだけトライすると平面的でダサくなるので注意(笑)


・目線、顔の向き
上なのか、下なのか、真っすぐなのか、斜めなのか。これを変えるだけでも印象は変わります。
てっとり早く印象を変えたい時は特におすすめ。


もちろん、脚は揃えるか開くか、ラインは高いのか低いのかなどなどまだまだ考えられることはあります。とりあえず迷ったらこの簡単な4点を意識してみましょう。組み合わせ使うとそれっぽくなるはず(笑)これで先生の宿題を乗り切ってね~!



こちらもどうぞ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
男性の皆さん、ダンスタイムや試合の最中、お相手の女性の動きが硬いな…と感じたらどう対処しますか?

昔、自分の生徒さん何人かに聞いてみたところ「相手にやって欲しかったらまずは自分から!自分がもっと柔らかく踊る。」という回答多かったです。あとは「口で言う」「辛いけど一曲我慢する」との声もありました。


私自身、麻戸先生に「試合中腕に力が入ってる、腕が急に硬くなるときがある」と言われたことがあります。

ちなみにそのとき私は自覚がなく「えー、やってないけど。いつ?」と言った感じ。でも私が力が入ってると腕が辛いので麻戸先生はなんとかしようと必死。


練習中は大丈夫だから原因は不明。困った麻戸先生、レッスン中、先生に必死の訴えを開始。


麻「普段は大丈夫なのに試合だと綾の腕にグッと力が入って腕が辛いんです。力が入ってきたなと思ったら、その分僕が力を抜いてるんですけど全然ゆるまってくれないんですよ…どうしたらいいんですかね。」


先生「麻戸君それはねー、力を抜いちゃダメだよ、むしろ入れなきゃ。」


麻「えっ」


先生「男性は女性が硬いなと感じたとき、自分が力を抜けば相手も柔らかくなってくれると思っちゃうんだけど、実はそうじゃないんだよね。女性が力が入るときは不安なんだよ。ホールドのテンションやボディトーンが緩かったり、リードがよくわからないから、腕や身体に力を入れて相手の動きを探ろうとするんだよね。」


先生「不安だから探ってるのに、男性が力を抜いたらますます女性は相手の動きを掴みにくくなって余計に力が入っちゃう。女性の硬いなと思ったときはもっとボディトーンやホールドの張りをしっかりさせて、動きをはっきり伝えて安心な状態にしてあげると力が抜けるよ。」


えー、そうなの?!


確かに試合の時の方が、練習時よりも明らかに進路を変えることが多く、ときには使用するステップも変わるので「どこに行くんだろう?」「次は何をやるんだろう?」と探ることが多かったです。


また先生は私に「女性も男性のボディトーンやホールドがゆるく感じるときに、もっとしっかりして欲しいから自分が力を入れてどうにかしようとすることが多いけど、やればやるほど男性は自分がやらなくても良くなる。そうなるとさらに力が抜けるから相手にしっかりして欲しかったら逆に柔らかくするんだよ。」とも言いました。


先生「だからね、スタンダードはしっかりした男性と柔らかい女性で踊るんだよ〜」


麻・綾「ギャー!今、真逆になってない?!(なってた。」


というわけで、その日から私は「試合のときは普段の練習よりも余分に力が入るもの」と認識し、普段より力が入らないように、進路やステップが分からないときは少し腕の力を抜くようにしました。そのおかげで右のグリップの位置が少し良くなりました。


麻戸先生はというと、その後のレッスンで上記に加え、方向やステップを変更するときは普段よりもハッキリとリードをするという事も教わり、より力を加える方向に踊りが変わりました。


おかげで試合中でも以前より進路や次のステップがかなりハッキリ分かるようになりました。確かにこれは女子的にすごく安心。


冒頭で言った「相手に動きを柔らかくして欲しいからまずは自分が動きを柔らかくする」という発想。マインドとしては、とても優しい発想だと思います。なんとなく、道徳的にこっちが正解そうだよね。なのに力を入れた方が上手くいくなんて教わったときはすごく意外でした。


例えるなら童話「北風と太陽」で太陽じゃなくて北風が勝っちゃった…。暴風で服剥ぎ取られたのに、この旅人なんか喜んじゃってるよ…。って感じ。


ダンスをやってるとこういう「え〜、意外!」という事に良く出会う気がします。ホント、上手な人が何を考え、何をやっているのか外から見ただけじゃ分かりませんね。


というわけで、男性の皆さんはお相手が硬いと思ったら自分のボディトーンやホールドの張り、リードを強めてみてね!


女性の皆さんはお相手のボディトーンやホールドがゆるいなー、リードが弱いなーと思ったら、より柔らかく踊ってみて下さい。しばらくするとだんだん男性がしっかりするよ。


こちらもどうぞ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
みんなにとっては嫌なタイトルだよね。これはあくまで僕の予想なので安心して(笑)外れる可能性もあります。でも一応根拠があるんです。


もしワクチンができて、世界が以前のように完全に元通りになったら話は別ね。しばらくコロナの感染リスクがある前提でいきます。


世界のビジネスをみても可能なものは全てテレワークになってきています。業種によるとは思いますが、意外とテレワークでいけちゃうねということも多いでしょう。


選手会の会議も現在はZOOMですが、今のところこれで全然問題なし。それぞれの選手の交通費、移動にかかる時間などの総コストを考えると今までが如何に非効率だったか分かります。こんな状況だからということもありますが、出席率も高くなり良いことばかり。


会議というものを例に考えてみましょう。おそらくコロナが収まってもZOOM会議となると思います。仮にこれからはZOOM会議がスタンダードになったとします。


いつもはZOOM会議なのに、次回の会議は日暮里で直接行いますとなったらどうでしょう。そこには会議参加者全員の往復の交通費と、会議参加者全員の往復にかかる時間というコストがかかることになります。今後、リモートワークが標準になった場合、直接会って会議をするということのコストが相対的に上がっていくと思います。


話は変わって、携帯電話の店舗なんかは営業時間が短くなっていますよね。以前は分からないことがあれば店舗に行けば何でも店員さんが教えてくれました。いつ行っても年配の方で混んでいたけど、今は問い合わせも完全予約制で場合によっては有料です。この場合はインターネット診断などは無料でできたりします。


どちらの場合も直接会うと高い、リモートワークだと安いということ。今後は人間を直接使う仕事、人件費が高くなっていくことような気がします。テレワークでできることはテレワークで、できないことは感染リスクを加味しつつ人間がする、という感じでしょうか。


社交ダンスのレッスン料もこの影響を受けることは十分にあり得ます。スタジオとしては生徒さんはもちろんスタッフのことも感染から守らなくてはいけません。感染対策や万が一スタッフが業務中に感染した場合の保障のことなど考慮する必要があり、これにはコストもかかります。(というか、そこにはちゃんとコストをかけて欲しいものです)


先生目線で考えると、ある意味ではオンラインレッスンは感染リスクが少なくローリターン、通常のレッスンは感染リスクありでハイリターンであると考えることもできますね。


生徒さん目線でも同様でオンラインは感染リスクなくローコストだけどローリターン(画面越しだと分かりにくい部分もある)、対面レッスンは感染リスクありでハイコストでハイリターン(組んだ感触が得られやすい)と今後は2つのパターンに分かれていくかもしれません。(ちなみにリターンに関してはレッスンの受け方によって変化するので必ずしも対面レッスンの方が優れているとも言い切れません。)


もちろんスタジオや各教師の努力で値上げ回避もできる可能性もあります。


もう一つ心配なのは、従来の社交ダンスの営業スタイルの問題点。団体レッスンにしても個人レッスンにしても、今まではフロアに人数が多ければ多いほど利益が出るという形でした。


例えば30分1000円の団体レッスンがあったとします。フロアレンタル料を1000円とすると、10人参加してくれれば30分で10000円の売り上げで利益は9000円。以前はこれで良かった。


ただ、現在は密を避けるため参加人数はMAX5人まで。フロアレンタル料は変わらず。そうなると売り上げは5000円、利益は4000円。利益は半分以下です。今までは人数をたくさん入れることで利益を上げてきているので集まれないという状況は相性悪いよね。


これはダンス業界だけではなく例えば映画やコンサートなどもそうなんじゃないかな。消毒液、体温チェックなどの機材など安全対策にかかる費用、消毒用の清掃員確保など人件費は増えているにもかかわらず、お席は前後左右空けて通常時の半分の定員も埋めることができないから売り上げは上がらない。


と、色々書きましたが、実際にレッスン料の相場が上がるかどうかは正直分からない(笑)ただ、値上げしないと廃業するところは出てきそうな気はするぁ。シンプルに言えば、感染症対策のコストを生徒さんに負担させるかどうか?ということになるのかな。


検査の精度が上がったり消毒技術がしっかりしてくれば、安全であるということの価値が上がってくるような気もする。スタッフは抗体持ちでコロナ陰性、生徒さんは完全入れ替えで完全除菌の安心安全な高級ダンス教室!!が生まれるかもしれませんね。その前にワクチンができるかな(笑)



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
知らない人と話をするのって気を遣いますよね。ずーっと沈黙なのも何だか気まずいし、相手が気を遣って話してくれても、そこからどうやって広げようかと考えてしまいます。共通の話題があったり、何かしらの前情報があるならばまだマシなんだけど、全然ないと本当に手探り状態。


そう考えると社交ダンスの持ってるポテンシャルはスゴイよね。


・話すどころか、手をつないで組んで踊る
・言葉を交わさなくても音楽を聴いて何を踊るかお互い分かる
・1度の打ち合わせもなく踊ることができる。
・外国人の方、相手の言葉が分からなくても踊れる
・目が見えなくても、耳が聞こえなくても一緒に踊れる


普通に考えて、初めて会った人とこんなことできるのすごくない?普通に会話するよりもよっぽど良いコミュニケーションが取れるかも。人見知りで口下手な人ほどダンスをしましょう。「とりあえず踊りましょう!」と言って緊急回避できます。


ちなみに、、、前に書いたかもしれないけど、社交ダンスの先生だからと言って社交的とは限りません!むしろ、口下手で、人見知りな人も結構いるよ(笑)でもそこはプロだから、みんなの前では頑張っているのです!たぶん。


よくパーティーでリードが上手く伝わらなかった、フォローができなかったと落ち込んでいるいる人がいるよね。確かにせっかく練習したのに残念だけど、そもそも初めて会った赤の他人と初見でばっちり踊れるって冷静に考えるとスゴイことだよね。練習してそれが普通になってしまっているだけな。、それはそれでスゴイような(笑)


ダンスをする時はぜひ、技術だけでなく相手とのコミュニケーションも楽しんでみてねー!



こちらもどうぞ
社交ダンスの先生は意外と社交的でない?笑
社交ダンスのパーティーって、どんなことをしてるの?~ホテルパーティー編~
社交ダンスの技術とエスコートの相関関係


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
「ナチュラルターンでライズする時は誰よりも高く」


シンプルで分かりやすいね。社交ダンスを始めたばかりの頃は審査基準も良く分からなかったので、とにかく高く、ボディも上げるし、限界までつま先立ち!と思って踊っていました。ライズはとにかく高く!高ければ高い程良い!シャッセも限界まで高く!


ある日先生に、
「ライズする時に膝を伸ばしきらないようにね」
と言われました。???膝を伸ばさないと高さがでないのでは??


「誰よりも高くという心意気は良いんだけど、隣で180cmの選手がちょっとライズしたら、いくら麻戸君が全力でライズしても実際の高さでは勝てっこないよ。気持ちで身長が伸びればいいんだけどね(笑)」


ぐぬぬ。ではライズするだけ無駄なのでは、、、、


「現実の高さや、大きさで勝負しようとしてはいけないよ。僕らのダンスはそこで勝負が決まる訳ではない。そのように見えるかどうかが大切だよ。」


なるほど。確かに小さい選手でもよい選手は大きく見えるからなぁ。


ライズする時に膝を一生懸命伸ばすとグラグラする時はありませんか?下半身がぐらつくと上半身も十分にストレッチできません。ライズしていても膝を僅かに緩めておくと下半身が安定し、上半身を安心して伸ばすことができます。


伸びた膝をみせるという意識でなく、ストレッチされた上半身を魅せると思った方が結果的にライズは高く見えます。もちろん低く見えてはいけないです。「曲げる」ではなく「緩める」といった表現が適切かな。


これで身長に関係なく高くみえるはず!


「まぁ。実際の大きさが大きい方がより優雅に見えるというのは事実だけどね。」


上げてから落とすパターンきたー。


「でも、そこはもう変えられないからね。僕らはこの自分自身の身体を使って表現するしかないんだよ。自分と全く同じ身体の人間はこの世にいないんだから、そこでオリジナリティが出てくるはずだよ。」


そうなんです。こうやって一つずつやっていくしかないよね。背の高さに憧れると無理して膝をピンピンに伸ばしたくなるものです。安定しないなぁという人は試してみてね!



こちらもどうぞ
膝を曲げるの意味
ヒザが伸びていない!と言われた時は?
ライズするタイミングに注意する



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ