社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

2018年07月

同じ先生にレッスンを受けても内容が全然違うことってありませんか?レッスン内容は大きく分けると2種類あると思います。


1、即効性のあるもの。
指摘されるとすぐに改善される。意識するとすぐにできるが、忘れるのも早い(笑)。例えば、踊っている時の目線、アーム、フット、ネックのタイミングなど。もともとの音楽性が良かったり、伸ばせる体を既に持っている場合は音楽のタイミングやポスチャーなども改善できることも。


2、根本的なもの
すぐにできないもの。年単位の練習が必要。大変だが習得してしまえばなかなか忘れない。ウォークなどベースの部分。音楽性やポスチャーも基本的にはこちらに含まれると思う。


大切な試合や発表会の際は、それに合わせて調整していきたいですよね。もちろん先生もそう思っていますので、それによりレッスン内容も変わってきます。


ダンスを改善するには根本的な内容のレッスンは不可欠です。ただ、やっぱり発表会や競技会では「ぱっと見た印象」も大切ですね。自分の受けているレッスン内容が即効性のあるものなのか、根本的なものなのか考えてみましょう!


こちらもチェック!
勝負は踊る前からはじまっている!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はラテンのオススメの方法を紹介!
ずばりアームを固定して練習する!!両手で両肘、もしくは両肩をつかみます。この状態で自分のステップを踊ってみましょう。


かなり不自由(笑)普段、いかにアームに頼って踊っているかがわかりますね。この状態では純粋にボディだけで音楽を表現する必要があります。


僕もこの状態で先生に踊らされたのですが、、、、全然ボディが動かない(笑)アームを動かして身体を使っていた気分になっていたのがよく分かります(泣)また、自分のステップの中でも動かしやすいところ、動きにくいところがあり、また違った発見があります。ぜひやってみて!


ちなみに、、、裏を返せばアームを使うことが動作の手助けになってなっているということです。これとは別にアームを使う練習も必要ですね。時間が足りん、、、、


こちらもオススメ!







    このエントリーをはてなブックマークに追加

大船もだいぶ雨が強くなってきました。
皆さんお気をつけてー!
今日予定していたヤングサークルはお休みにしました。

IMG_3733
台風なんぞ関係ねぇという強者が、、、、無事帰れるだろうか?


こちらも見てね!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

7月・8月は夏のパーティーシーズン!デモンストレーションやプロアマミックストライアルに出場する為、レッスンを頑張っている方も多いのではないでしょうか?


デモ当日、突然「方向が分からなくなる」方が結構います。当日、リハーサルを踊ってみて、このステップ、どこ向くんだっけ?!とか、スタジオで踊っている時の正面と本番の会場の正面が逆に感じる!!(汗)ということが起こるのです。


ちなみにコレ、恐ろしい事にデモに何回も出て慣れている方でもたまに起こります。油断大敵!!
きっと無意識のうちにスタジオの景色でステップを覚えていたのだと思います。


対策としては、練習のときからここが正面、こっちが裏、と方向を意識して踊るのが有効です。フロアが縦長なのか横長なのかもチェックしておきましょう。また、一度行った事がある会場ならもっと細かく、ここに司会の方がいて、こちらが会場の入り口で、看板がここにあって…という風に本番の景色を想像しながら練習できるとなお良いですね!


そして、当日にリハーサルで方向が分からない!!となってしまったら
①自分の出番までの空き時間で何度も方向をシュミレーションする
②先生を基準にして方向を考えない
の2パターンの対策があります。女性は、特にスタンダードの場合は、方向が分からない!と思ったらフォローに徹しましょう。勘で動いて先生と全然違う方向に行くと修正が難しくなります。男性の場合、残念ながら②は難しいです。出番まで①の対策で頑張りましょう!


リハーサルで方向が分からなくなってもあきらめないで!私達の生徒さんも上記の対策でなんとか本番を切り抜けた方多し!!ギリギリまで対策してると直る確率は意外と高いです。


まぁ、練習のときから意識できればいいんですけどね~!一回ピンチを迎えてみないとなかなか、ね!(笑)これからデモに出られる方はお気をつけ下さい!良い踊りができるといいですね♪


パーティーの記事↓
ホテルパーティーは悪なのか?


    このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の頃にはじめて習うのはルンバとワルツ。2ヶ月後くらいにチャチャチャとクイックを習い、その後にパソとタンゴと続きました。入部当初、僕はスタンダードにはあまり興味がなかったのですが先輩達のダンスを見て、タンゴとクイックはカッコイイからやってみたいなぁと思っていました。

クイックの最初の試合のステップはナチュラルスピンターン、シャッセ、フォワードロックして最初に戻る。


タンゴはウォーク、プログレッシブリンク、クローズドプロムナード、バックコルテして最初に戻る。


これがクイック?!全然早くないじゃん、、、タンゴってもっとキレのあるもんじゃないの?!なんかのそのそしてるけど、、、


特にタンゴとクイックは、ベーシックとバリエーションに結構差がありますからね(笑)


やっぱりラテン頑張ろうーと思いました(笑)


こちらも見てね!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ