社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

2018年09月

先日も書いたように、JPDSAとNJDCが来年から公認競技会を開催できなくなりました。
JPDSAとNJDCの試合は来年から公認されなくなった!?

JDSFからのアナウンスによれば、JPDSAとNJDCは公益性がない営利団体なので、公益法人であるJDSFと繋がりがあるのはマズイと国から指摘があったから公認できなくなった、とのことです。JDSFが公益法人となってから何年経ったかは分かりませんが、なぜ今さら?という感じはありますね、、、


これに伴いJPBDAとNJDCは独自に競技会を開催するようです。JPBDAもNJDCも競技会を開催する団体ですから、競技会が開催できないと存在する意味がないですからね(笑)JDSFとしては、JDSF内のプロ(?)組織JDSFーPDの傘下に入れたかったのかなぁ。



何はともあれアマチュアダンサーの皆さんは、さらに選択肢が増えた形となります。来年からは


JBDF
JDC
JCF
JDSF
JPBDAとNJDCの新競技会


この5つの中から出場する試合を選ぶことになります。多い!(笑)もちろん掛け持ちできます!が、新規登録、継続登録には料金がかかります(泣)


当然のことながら1番良いのは、1つ登録すれば全部の競技会に出れるという状態。今回の騒動はその状態から逆行する形となりました。どの団体もそれぞれ信念を持って動いてこのような結果になってしまったのだとは思いますが残念ですね。もちろん別の面から見ると、選手は競技会の選択肢が増えたといことです。


はっきり言ってどの団体も運営する人や審査員が違うだけで競技会の内容が異なるわけではありません。ただ競技ダンスのルール上、審査員に結果が左右されますので、審査員のレベルは非常に重要といえます。いずれにせよ、同じような内容の競技会をしているならば団体を分ける必要は皆無と言えます。各団体がそれぞれ特色を持ち発達していくことが望ましいですね。


追記!続報です


    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、目黒のヒデミダンシングヴィーダにて山本英美先生のワークショップがありました。今回は「1dayベーシック」ということで1時間休憩をはさんで10時~15時までみっちりと!英美先生の基本的な考え方には普段のレッスンや今までのレクチャーで理解していたのですが、繰り返し確認することよりより理解が深まりました。


「そのアイディアは初めて!という状態」と「そのアイディアを理解して練習した状態」とでは、同じ話を聞いても聞こえ方が違いますよね。大切な内容は何度聞いても何かしらの発見があります。山形大学の1個上の先輩にも再会できたのですが不覚にも写真撮り忘れた、、、


その後は西横浜のダンスゾーンエムズへ練習へ!実は電車で行くのは初めて、、、、
IMG_4148
ゴリラを通過して、、、、

IMG_4149
こちらの看板が目印。


フロアは横長で広さはなかなか良いです。ただし、ショートレンジがめっちゃ短いのでコース取りが若干難しいですね。微妙な速度で逆LODに入ってくるカップルがいたり(笑)あとは音の聞こえ方が場所によって違いすぎる気が(笑)


目黒からだったので今回はこちらの練習場にしましたが、大船からなら藤沢のクルミの方が良いかなぁ。でも入場料800円は相場よりだいぶ安い!コスパはエムズの方が良いね。


文句は言いつつもよい練習ができた1日でした(笑)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

後期の競技会がスタートしています。観戦に行きたいけどどうしよう!という方へ競技会の特徴をまとめてみました。


アマチュア競技会を見たい方はこちら!
11月25日 三笠宮杯全日本ダンススポーツ選手権(東京・駒沢オリンピック公園体育館)
JDSFのアマチュアのチャンピオンを決める試合です。アマチュアの世界選手権の選考会も兼ねています。


ここから下はプロ主催の試合!
9月29日、30日JBDF選手権(北海道・真駒内セキスイハイムアリーナ)
JBDFのプロアマのチャンピオンを決める試合。JBDF国内最大規模なのではプロもアマも両方楽しめると思います。ってか明日じゃん(笑)


10月21日ジャパンオープン選手権(愛知・ロワジールホテル豊橋)
JDC主催。海外審査員。他の試合が日本人選手のみに対して海外からのエントリーも有。アマチュアは少ない。


11月3日バルカーカップ統一全日本ダンス選手権(東京・グランドプリンスホテル新高輪)
JBDF、JDC、JCFのプロ選手が一堂に会し日本一を決める試合。プロのみ。


1番のオススメはもちろんバルカーカップ統一全日本!!1年を通して1番盛り上がる試合だと思います。ただしチケットがなかなか取れないのがネック。そしてドレスコードもあるのでちょっと緊張するかも、、、


チケットがとれなかった、または気軽に見に行きたい、、、という方にオススメなのが、10月28日に開催される統一ライジングスター競技会。3団体の選手がバルカーカップのシード権をかけて戦います。わけあってノーシードのビックカップルがシード権を求めてエントリーする場合もあります。今年はなんと元全日本チャンピオン金光先生がこの競技会で復帰するという話も!


応援があると選手も気合が入ります。是非見に来てねー!




    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、選手会の仕事で9時半に関内へ行く用事がありました。午前中にこういった仕事が入ることなんて、理事会を除けば年に1回あるかどうか、、、、と、このタイミングで弘前大学の後輩からレッスン受けたいと連絡が(笑)ということで7時半スタートにしてもらいました、、、、スマン、、、


うちのスタジオにはちょくちょく弘大の後輩は来ていますが、プライベートレッスンを受けに来たカップルは久しぶり。HIROSHI&茜ちゃん以来かなぁ。
この2人は既に卒業し弘前でダンスを続けてくれているみたいで嬉しいです。そして全東北のファイナリスト!懐かしい!またダンス見たいな。


今回来たカップルはこちら
IMG_4094
ダンスを見ると、2人の頑張りが見て取れるので非常に嬉しいです。


12月の全日本戦が最後の試合!最後までダンスを楽しんで欲しいですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

以前の記事ではジュブナイル・ジュニアなど子供たちの出場する年齢別セクションについて調査してみました。今回は年齢別セクションのシニアについてです。どういう条件でセクションを分けているのか、またも分からなかったので各団体のHP内を探してみました。


JDSF

シニアⅠ 年内に35歳以上と30歳以上の誕生日を迎えるもの
シニアⅡ 年内に45歳以上と40歳以上の誕生日を迎えるもの
シニアⅢ 年内に55歳以上と50歳以上の誕生日を迎えるもの
シニアⅣ 年内に65歳以上と60歳以上の誕生日を迎えるもの
シニアⅤ 年内に75歳以上と70歳以上の誕生日を迎えるもの


ちなみに金スマでキンタローさんや名越カップルが出ている世界選手権も↑このJDSFの上部組織WDSFのシニアⅠというセクションです。


JDC

キングオブキング   男性80歳以上、パートナープロ可
クイーンオブクイーン 女性80歳以上、パートナープロ可、女性同士可
キング&クイーン   男性70歳以上
キングオブスター   男性60歳以上


JCF

シニアスター  男性40歳以上
シルバースター 男性45歳以上
ゴールドスター 男性55歳以上
プラチナスター 男性65歳以上
ウルトラシニア 男性70歳以上


JBDF

シニア       男女とも35歳以上のアマチュアに限る
グランド・シニア  55歳以上のアマチュア男子、パートナーはアマチュアのみで年齢は問わない
スーパーシニア   65歳以上の男子、パートナーの年齢は問わない


どの団体も年齢別のセクションは開催されているようです。シニアのセクションの方が、各団体で様々なセクション分け&ネーミングがされていますね。


こちらもジュニア同様、もう少し分かりやすい&見つけやすいといいんだけどな~と思いました。各団体、セクションの出場資格を調べるのに競技会日程にしか書いていなかったり、競技会規定(結構長文)のどこかから探し出さないといけなくて見つけるのが結構大変でした。観戦のみの方はきっと知りたくてもたどり着けないな…。それともパンフレットとかに説明は書いてあるのかしら??


こちらもどうぞ↓



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ