先生からもっと膝を曲げなさい!と言われた事はありませんか?私はもちろんあります!笑 誰もが一回は言われた事がありそうなこの注意、何も考えずトライするとこんな事が起こったりします。


・曲げると踊った後、太ももがパンパンになる。
・膝はいっぱい曲げたけどなんだか動きがギクシャクする


先生に言われた通りやったのになんでこんなに苦しいor踊りにくいんだ??そんなとき膝を曲げる動作のイメージ=下に下がるになってませんか?膝は前にしか曲がりません。


なので、スタンダードの種目のように進行を伴う場合はその場で膝を曲げるのではなく、1m向こうに移動しながら両膝を前曲げるようなイメージで踊ってみるといいと思います。


その場で曲げる必要があるときや、あまり進行しないで膝を曲げたいときは膝が前に出る分と釣り合うように股関節を曲げます。単純に言うと膝が前に出た分お尻が後ろに出るという事です。


「膝をもっと曲げなさい!」の意味は、「もっと膝を(前に、かつ進みながら)曲げなさい!」だったり、「もっと膝を(股関節を曲げながらorお尻も後ろに出しながら)曲げなさい!」だったりします。


もし、膝を曲げなさいと言われて上手くいかなかったら試してみて下さい♩


響く言葉・響かない言葉