前回、競技会のフロアクラフトのお話をしました。(前回記事→フロアクラフトって大切!


フロアクラフトが上手になる為には、まず自分達のステップが、どこに進むのかを知る必要があります。


自分の顔や身体がどこを向いているのか、ではなく、カップルとしてフロアのどこに進むのか、です。

よくダンスビュウさんに書いているコレ↓の事です。

これ、いつも分かりやすいなーと思います。


ステップ毎にフロアをどの方向に進んで行くかが書いてあります。コレ、ちなみにダンスの専門用語ではダイレクションといいます。先生が「ここのダイレクションはこっち!」といったら身体が進んで行く方向の事ですよ。


で、話を戻すと、競技選手だったら、というか誰でも!上手く踊りたかったら、自分のルーティーンの図を書けると良いですね!


まずは自分の進路がはっきり分からないとこれから進む場所が空いているかどうか分からないですからね!


私達の生徒さんは、分からないときはホワイトボードや紙にこの図を書いてあげてます。


生徒さんで、分からない人はぜひ、正直に申告して下さいませ。笑 いくらでも書きますよー!だってその方が上手になるから!

他の皆さんも分からなかったらぜひ、勇気を出して自分の先生に聞いてみましょう!



フロアクラフト関連の記事はこちら
フロアでスイスイ踊るには~フロアクラフトについてその2~
フロアでスイスイ踊るには~フロアクラフトについてその3~
フロアクラフトって大切!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら