フロアでスムーズに踊るためには自分達のルーティーンの進む方向をしっかり理解しておく必要があります。しかし、それだけで無事に踊りきれるとは限りません。


社交ダンスは特別な場合を除いて、基本的には複数のカップルが同時に踊ることになります。つまり自分がこれから行こうと思っている場所に、もう既に他のカップルがいるということも往々にして起こります。


また自分が動いているのと同様に相手も動いているので、今現在空いているスペースも1秒後はどうなっているか分かりません。


車がいないからと周りを見ないで交差点に入ってしまうとマズいよね。同時に交差点に入るとぶつかってしまう。ダンスフロアでも同じようなことが起こることがあります。


今回は向こうから相手が来ていてこのまま踊るとぶつかりそうだな、、、という場合について考えてみましょう。


結論から言うと取るべき方法は3つ!

1.止まる!
2.自分が避ける!(譲る)
3.相手に避けてもらう!(譲ってもらう)


大きく分けるとこのどれかに該当すると思います。下に行くほど難易度も高くなります。


1.止まる
音楽が流れ続けている以上、動き続けたいというのが正直な気持ちですが、ぶつかるくらいならば止まってしまいましょう。


焦らなければ次のステップに向けて姿勢を直したり、気持ちを落ち着かせることができるのでメリットもあります。


本当にピタっと止まってしまうのではなく、ピクチャーポーズやプロムナードに開くタイミングを一小節長くとって、ゆっくり踊ってやり過ごすというのも良いですね。


とにかく落ち着いて再開できれば良い方法といえると思います。



2.自分が避ける。
ダンスのスキルが高くなってくると、他のカップルがどのような軌道で動くのか読めるようになってきます。


ただ経験が浅いと軌道が読めず、ぶつかる直前まで分からない場合も多いです。


周囲のレベルが高い時は、他のカップルが自分の軌道を読んでくれます。また、相手の軌道も何となく分かる。つまりフロア上で何となく意思疎通ができます。ただこれは周りのレベルに左右されてしまうのであまりアテにしない方が良いかも。


そう考えると、自分が避けた方が無難だったりします。ただし相手を避けて無理やり踊り続けるとスムーズに踊れないばかりか、怪我の原因にもなるので注意が必要です。基本的には角度を変えるか、ステップを変えるかにはなるでしょう。


3.相手に避けさせる。
相手のコースが読めること前提です。相手がこれから来るであろうコースをわざと塞いでしまう。


コースがないと相手は止まるかコースを変えるかしかありません。どちらにせよ自分は思い通りに踊れます。あ、もちろん競技会のお話です。パーティーではやってはダメですよ。譲り合いの精神が大切です。


ただこれ、相手が上手じゃない場合はぶつかられてしまうリスクもあります。また、競技会はぶつかってナンボ!と考えている人も少なからずいるのでちょっと危険かもというのも事実です。ホントこのあたりはちゃんとルールで取り締まるべきだよね。格闘技じゃないんだから、、、


ちなみにコースを読む力がなくても、圧倒的にパワーやスピード、テクニックで優っていると本能的に危機を感じて勝手に避けてくれる場合もあります。練習場とかですごい上手な人がいるとなんとなく避けてしまうアレです。笑


いつも相手が避けてくれたらいいのになーと思いますが、そうも行かないので、自分で上手くかわしていく方法をまた後ほど紹介したいと思います。


フロアクラフト関連の記事はこちら↓