ラテン、スタンダードどちらでもウォークは重要です。「ダンスは普通に歩けばいいんだよー」と言われることも多いですが、その普通が難しいよね笑


基本的にバリエーションになっても、前か後か横か、どこかしらに歩く形となっていることが多いです。


僕も学生の頃、初めてスタジオに行った時はウォークばかりさせられていた記憶があります。姿勢や身体の使い方を意識して練習すると結構考えることが多いよね。


これをステップの中でやるとなるとなかなか大変!音楽の中でやると速い、ポジションが複雑になる、相手と合わせる必要がある、次のステップ何だっけ?などなど、ウォークの身体の使い方を考える余地はなくなってくるよね。


そういった意味でもウォークのみに集中した、身体の使い方だけに気を遣った練習というのは有効です。


これは僕の教えているカップルに実験したことがあります。試合で踊るバリエーションの練習をあえて禁止にして、とりあえず1ヶ月だけ練習時間を全てウォークに費やしてもらいました。


さて1ヶ月後、じゃあバリエーションを踊ってみよう!2人ともステップ覚えてるかな?と少々不安そうでしたね笑


久しぶりなので2人の関係性、タイミングは少し曖昧になっていましたが、個々の動きをは格段に良くなっていました。


ウォークで練習したことを身体が覚えていて、バリエーションのような複雑なステップになっても再現できるようになったのでしょう。


ウォークはテクニック面を考えると奥深いですが、ステップとしては単純ですよね。前に行く、後ろに行く、横に行く。


バリエーションになるとタイミングやポジションがより複雑になります。ウォークのことを考えている余裕が無くなってくるのは当然と言えます。


もちろんウォークだけできれば大丈夫という訳ではないので注意は必要ですが、考えなくても身体が反応できるようにウォーク練習に集中して時間を費やすのはオススメです。