社交ダンスは予選のうちは、いくつかのグループに分かれて踊ります。
第1グループ、第2グループ、、、というようにグループ分けをします。
ダンスの試合では第1ヒート、第2ヒートと呼んでいます。


このヒート分けは無作為なので、たまーにヒート間で明らかに実力差が出たりします。
第1ヒートは明らかに上手いカップルが多いのに、第3ヒートは他のヒートに比べると見劣りする人ばかり、、、というようなことが起こったりします。


さて、ここで審査員の立場で考えてみましょう。48組の選手から次のラウンドに24組ピックアップしなければなりません。48組を12組ずつ4ヒートに分けて踊らせます。


話を簡単にすると1ヒート12組なので、1ヒートあたり6組ずつピックアップするとちょうど良いという計算になります。ここからは審査員の質により話が異なってきます。良い審査員はヒートに関係なく、48組の中から24組をピックアップできます。


すごく極端な話ですが、1・2ヒートのすべての選手が、3・4ヒートのすべての選手より優れている、と判断した場合、


1・2ヒート目から12組中12組計24組ピックアップ
3・4ヒート目からは12組中ピックアップなし
とジャッジします。
(ここまで、極端なことはまず起こりえないと思いますが)


上手い人ばかりのヒートに入っても、自分のダンスが良ければ勝ち上がることができるということです。


さて現実は、、、「4ヒートだから1ヒートあたり6組ピックアップして合計24組あげよう」と計算して、各ヒートから均等にピックアップして審査をする人も少なくないようです。(ジャッジミスも少なくなりますからね)


いずれにせよ、人数が多くヒート数が多くなればなるほど審査は難しいです。1ヒート目の全員にチェックして2ヒート目の選手には1チェックも入れないなんてことはまずないと思います。各ヒートから均等に割った数字±2組くらいにして調整するジャッジもいます。


ほとんどの場合は、選手層のあついヒートに入った時は厳しい点数のつき方になるでしょう。


こればっかりは運なので仕方がないです。運も実力のうちと思うしかないですね。やはりヒートむらが生じる以上、ヒート毎の有利不利はあると思います。


上手い人ばかりのヒートに入ってしまった、、、、今日は諦めるか、、、とならないように次回は対処案をお伝えしますねー!