タイトルの通りですが、このことは非常に重要です。

初めての先生、生徒さんの場合はお互いがどんな人なのか分からないので、探りながらレッスンすることになります。お互いに品定めしている状態ですね(笑)


徐々に相手のことが分かってきて、お互いのことが信頼できるようになるとレッスン内容もより充実してくる傾向にあります。


僕も習いたい先生がいて、初めは知り合いの先生に無理矢理1レッスンねじ込んでもらって(笑)、その先生が大阪に来る!という時は大阪に行って、韓国に来る!というときは韓国へ行って、と繰り返していたらやっと2レッスンとってもらえるようになった経験があります。


本当に自分に習いたいかどうか、ということもあるだろうし、この辺りも信頼してもらえるかどうかということなんじゃないかな。


人によって差別しているわけではないですが、僕らも自分の生徒さんには特に様々な面でサポートしてあげたいと思っています。
特に僕らを慕ってきてくれている人には、やはりその信頼に応えてあげたいなぁと思います。


関連記事