ダンスをしていると先輩や先生、知り合いから講評を頂くことも多いですよね。熱心な方はいろいろな人に講評を聞きに行ったりします。様々な視点から自分のダンスを見ることは重要です。


先日も、「試合を見ていてくれた先輩が講評してくれたんだけ、どうすればいいのかしら?」という生徒さんがいました。内容を聞くと「フットワークが悪い」「動きが固い」「なんか弱くみえる」「カップル間の関係が、、、、」


実はこれは講評ではないんですね。講評を辞典でひくと「指導的な立場から、理由などを述べながら批評を加えること。また、その批評。」とあります。多くの講評にはこの「理由などを述べながら」という点が欠けている場合が多いような気がします。


理由のない講評は感想と言えますね。「こう見えた」「こう感じた」というようなことは誰にでも言えてしまいます。また、ネガティブな感想は悪口と変わらないことも(笑)

普段あまり関わりのない人に講評を下さい!とお願いしても、ほとんどの場合が感想や印象の範囲内での話となると思った方が良いでしょう。感想や印象は人によって異なるので、あまり気にし過ぎる必要はないと思います。「あのジャッジにこう言われたから、、、」という理由で、今トライしていることを変えるのはちょっと短絡的かもしれません。


しかし、いろんな人の感想や印象をたくさん集めることにより自分を客観視できることもあります。もらった講評、感想、印象、これらをどう生かすかは自分次第です。うまく取捨選択していきましょう!


こちらも見てね!


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら