生徒さんのレッスンをしているとたまに何のステップをしているのか分からないことがあります。競技のカップルが自分で振り付けたり、他の先生の振り付けの場合はその可能性が上がります。自分が振り付けて忘れてる場合もありますが、、、、(笑)


「そこは何をしているんですか?」
「いやぁー、実は自分でもよく分からないんですよ」


というのはよくあります(笑)もちろん振り付けは様々です。人それぞれ好み、得手不得手もあるので必ずしも先生の言う通りにする必要はないでしょう。先生が踊りやすい振り付けと自分が踊りやすい振り付けが必ずしも一致するとは限りませんからね。


大切なのは振り付け自体ではなく、自分が何を表現するか!?ということです。何をしているの?と聞かれた時は、自分の表現したいことが見ている人に伝わっていないということでしょう。


自分が何をしているのか分からないという状況は、自分でも何を表現したいのか、しているのか分からないということです。何をしているのか自分にも分からない、これは当然自分のパートナーも分かりませんのでリードとフォローも伝わりようがないでしょう。


そしてパートナーにすら伝わらないものは、もちろん観客にも何も伝わらないです。


まずは自分でこう踊っている!ということをクリアにしましょう。ポジション、タイミング、アクション、こう魅せたいという表現、、、、もしかしたら適切ではないかもしれない、でも自分の意志で決めることが非常に大切です。その意思が見えることにより自分のパートナー、そして観客へ伝わるのだと思います。


こちらもどうぞ