ダンサー友達が多いまじめな生徒さん、あるいは周りが気になる人がよく陥るのが「アドバイスを聞きすぎて何をしたらいいか分からなくなる。」という状態。


誰々さんにこう言われた。サークル仲間にこう言われた。などなど、レッスンをしているとたくさん聞きます。さらには、お友達の誰々さんがレッスンのときにこう言われたそうなのですが、私もコレやるべきですか?と他の人の課題まで自分の課題にしてしまう人も。


アドバイスを聞くこと、参考にすること自体はとてもいいことだと思います。でもそれ、一度に全部練習して習得できますか?たぶん、無理だよね!笑


レッスンで言われてホールドをキープする練習をしていたら、競技仲間に歩幅が小さいと言われた。じゃあ歩幅を大きくして踊ってみよう!歩幅を大きくしてみたら、もっと傾きをつけろってサークルの先輩に言われたから、今度は傾きをつけよう。とやっているうちに、最初の課題だったホールドをキープすることはすっかり忘れていて、次のレッスンでまた同じことを言われる。なんてことはあるあるですね。


そもそも教えるということは情報をたくさん与えればいいという訳ではありません。あなたの先生は、あなたの歩幅が小さいことも傾きが少ないのも、なんならその他のできてないことも分かっています!(笑)だって、いつもレッスンで見てるからね!色々分かった上でその課題を与えているのです。


あたりまえですが、生徒さんは先生から見ればできてないこと、足りない事だらけです。たくさんの足りないことの中から今のあなたにとって一番効果的な課題を先生が選んで教えてくれているのです。


今、トライした方がいいこと以外は余計な情報なので言わないだけです。多すぎる情報は何が重要かを分かりにくくさせ、混乱を招きます。教える側としてはたくさん情報を与えた方が安心なので、情報を与えすぎないということは難しいです。ですが、課題に集中してトライしてもらうために頑張って削ります。そしてその課題がある程度習得できてたら、次はコレを!と段階を踏んで教えるべく考えているのです。


一方、まわりの人は別にあなたを上手くする義務はないので、たくさんの足りない部分を思いつくままに口にしてきます。どうやったら上手くなるか、どんな順番で物事を習得したほうが効率がいいかということはおそらく全く考えていません。場合によっては、ただ自分の知識をひけらかしたいがためにアドバイスをしてくる人もいます。


もちろん、中には真剣にあなたの事を思ってアドバイスしてくれる人もいます。ですが、そんなに多くはないです。キチンと自分の事を考えてくれる人か見分けましょう。自分の事を考えてくれる人、というのが人によってどんな人間を指すのか異なる気もしますが…。


私達の場合は、アドバイスに対して意見を述べたり、思っていることを伝えても、私達の意見を尊重しながら一緒に方法を考えてくれる人が自分達の事を考えてくれる人だと思っています。自分の先生はみんなそう!


結論:人に色々アドバイスされて混乱してしまう人は自分の信じる人を決めましょう!誰でも彼でもアドバイスを聞かないこと。


こちらもどうぞ