「上に伸びたかったら下に使う」ということは知ってたつもりでした。



例えば、肩甲骨。頭を上に伸ばしても肩は下ろす。とか、ただ伸び上がるより地面を踏むとより背骨が伸びる。とかね。



今回、「そこもかーー!!」と思ったのはお尻。ワルツのナチュラルターンの3歩を踊ると「ヒップを下に下げてもっとストレッチしなさい」と先生。



言われるままに下げるとすごい背骨伸びる!



ライズするからと言って、お尻を上にあげてるわけではないんだけどなー。下へ使う意識がお尻にあるだけでこんなに違うのかー!とビックリしました。



ラテンのレッスンでは今までにもヒップについては言われていて、体重の乗ってない方のお尻が上がっていると注意されたりしたのですが、スタンダードもなのかー!と。



いつも「Ballroom & Latin is same」と言われているんだけどね。やはり具体的に言われないと気づかない事ってあるなぁ。



サクッと賢く応用できる頭脳が欲しい。とりあえず、Ballroomの全種目にまずは応用する事から頑張りたいと思います!



コチラもどうぞ!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾


麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら