音楽は楽器や人間の声が集まったものなので、様々な音波の集合体といえます。音波は固有なものなので、これには個人差というものがありません。誰の耳にも同じ音波、空気の振動が届いて不変なものです。では、なぜ音楽がとれない人が出てくるのでしょうか?


これは、我々の聞いている音が、脳の作り出したイメージに過ぎないからです。人間の五感はすべて脳の作り出したイメージに過ぎません。そう考えると音楽をとれない人がいることも頷けます。音波は空気の振動として人間の耳へ届きますが、そこから個々の脳へ伝わり、作り出されたイメージがその人にとって「聞こえる音楽」ということになるのです。


普通に音楽を楽しむ、もしくはソロダンスの場合はこれでも全く問題ないのですが、僕らがダンスを踊る上ではそうはいきません。僕らがダンスを踊る上で重要なのは、相手と音楽を共有するということ。その為には世間の平均的な、一般的な音楽の聞こえ方を知っておく必要があります。


競技会ではジャッジの音楽の聞こえ方で審査されます。もちろんジャッジは一般的な音楽の聞こえ方を知っていて、それに沿ってピックアップしていきます。独創的な音楽表現も良いのですが、ジャッジの持っている音楽の感覚から大きく外れてしまうと点数はつきません。


競技会に出場する自分のパートナーとの間でも同様のことが言えます。聞こえ方が異なるということに対してのお互いの擦り合わせが大切となります。


パーティーで不特定多数の方と踊る場合はどうでしょう?自分の音楽の聞こえ方と、お相手の音楽の聞こえ方を共有していく必要があります。あまりに自分の感覚とかけ離れた人とは踊りにくいはずです。


個人的には、音楽の聞こえ方は個性と考えることができるので大切にしていく必要があるのかなと思います。ただし、みんなが1と聞こえるところで俺は2で聞こえる!というようになってしまうと、競技会では評価されないし、ダンスパーティーでも音楽のとれない踊りにくい相手と認定されてしまいます。


個性は大切にしつつ、一般的な感覚、聞こえ方はペアダンスである以上、身につけていく必要がありそうです。


こんな記事も!