ラテンで男女が向い合せで踊るとき、どこを相手に向ければキチンと向かい合って見えるでしょう?


ラテンの場合は、ほとんどのステップでキレイに見せるためには身体を絞る必要があります。なので、上半身・下半身のどちらかは相手に向けてもう一方は違う方向を向いていることが多いですね。


自分のルーティーンで、相手と向かい合わせになっているステップは体のどの部分が相手と向い合せになっているか考えてみましょう。


上半身?下半身?まずコレだけで「あ!全然向い合せになっていないかも…。」と気づくところもあるかもしれませんね。


私の場合は上半身・下半身のどっちを相手に向けるか意識はしていたのですが、位置がかなりアバウトでした。つい先日、上半身が向い合せの時は鎖骨の中心、下半身の場合は骨盤の中心を相手のセンターに向けてあげるといいよ!と教えてもらい、すごいスッキリ!


やっぱり上手い人は身体のパーツのどこを相手のどこに向けるのか、自分の中にかなり明確な基準があり、だからダンスもクリアに見えるんだなーと思いました。


よーし!すっきりしたし、あとは練習!!


関連記事