面白いダンサーって色々なリズムを取ってくる人が多いですよね。ちょっとリズムを変えるだけで少しオシャレになったりします。例えば他の人が1&2&、、と踊っている部分を1a2&、、と踊るだけでも大分違うように見えるはずです。


そんなこと言ったってそんなの難しくてできないよ、、、という方にオススメなのが、めちゃくちゃ音楽を引っ張ってみるという方法。音楽にタメをつくるということです。


例えば2でステップする場合、ギリギリまで1に長くいるという非常にシンプルな方法。どのくらい長くいるの?その時のバランスは?ボディはどう使うの?色々あると思いますが、深いことは考えずにとにかくギリギリまで長く(笑)


注意点としては音楽を良く聞くこと。ギリギリまで溜めてから2に間に合わない!と思って踊ると意外と火事場の馬鹿力のように(笑)スピードがでたりします。この方法、文章にすると全然説得力もなく、なんだかアホみたいな理論なので書いていて若干恥ずかしい、、、でも効果はあると思います。


こういう練習をすると思ったよりもタメが作れる自分に気が付けることもあります。騙されたと思ってやってみてねー!



こちらもどうぞ
ダンスのスピードを上げるには?!
理論にこだわり過ぎは危険!
分かるとできるは全く異なる



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら