営業を再開してから数日が経ちました。まだこんな状況なのでまだ一部の方ですが生徒さんと会えて、みんなの元気そうな顔を見て一安心です。


スタジオで新型コロナ感染予防のため、消毒や手洗いなど色々対策しています。マスク着用もそのひとつでスタッフも生徒さんもスタジオ内では全員ずっとマスク着用です。


休業前もマスクをしていましたが、マスクを着けてのレッスンはとにかく暑い!!顔まわりが熱がこもりますね。なので窓全開で冷房を入れる、という環境に対する暴挙に出ております。


もうひとつ気になるのが「マスクをしていると呼吸が浅くなる」ということ。


以前から筋トレとか練習をして身体、特に背中や胸のあたりが疲れてくると「あ~息が入らない、呼吸が浅くなってるな~。息しづらい。」と感じることがありました。


スタジオの休業中は、マスク着用時間が減り(自宅ではマスクしない)すっかり忘れていましたが休業前、マスクをずっとつけて営業していたときも「なんか身体固まりやすいな~、コロナのストレス?」と思ってたけど、これだ!原因はストレスではなくマスクだ、と今日気づきました。(笑)


呼吸が浅くなると、背中や胸が固くなり姿勢が悪くなったり身体の動きが悪くなるなどダンサーにとっては悪いことだらけ。ボディが動かしにくくなったり、ラインで伸びにくくなったりします。あるいは動くには動くんだけど無理やり動かすので疲れやすくなる、とかね。というか呼吸が浅い=酸素が供給されにくくなるんだから人間の身体的に良くないよね。


とはいえ、「じゃあマスクをつけてしっかり深く呼吸をしても踊ろう!」と心がけて酸欠になってしまっては元も子のない。マスクの中は自分の吐いた息が入っているから酸素濃度薄そうだしね。できたら、レッスンや練習中ではなく日常生活の中で、おウチの中などマスクをしなくていい場所で深呼吸をするようにしてみてください。


私は深呼吸するとき、
  • 鼻から吸って口から出す
  • 息を吐くときは最後までしっかり深く吐ききる
  • 吸うときは肺を胸側だけでなく、背中側や体側、わきの下のあたりも全部膨らますイメージでやる、下っ腹の方まで息を入れるイメージでやる
ということに気をつけてやっています。座ってもできるけど、可能なら寝っ転がってやる。この呼吸をしばらく続けると横隔膜が動いてくるのがだんだん深く呼吸ができるようになります。


これはピラティスの先生が最初の頃教えてくれた呼吸の仕方です。私は「呼吸が浅くなってるな…なんか疲れる。」と感じたら、やっています。簡単だけどしっかりやると頭痛や鼻づまりがなくなったり、背中が楽になります。それでも息が入りにくいストレッチしたりほぐしたりしてなんとか戻します。


マスク生活で普段より、呼吸にかかわる筋肉が疲れやすくなっています。いつもより意識的に深呼吸してあげると身体のコンディションを保ちやすいですよ!頭痛や背中の疲れ、肩こりある人は特にやってみてね!


こちらもどうぞ!
「身体が柔らかい」と「柔らかくみえる」は違う
鬼滅の刃とダンスの呼吸法
社交ダンスは呼吸が大事!




ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾




麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら