社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:エネルギー

ダンスを習っているとレベルは違っても音楽の話になることは少なくないと思います。初心者の頃はリズムに合わせて動くのも大変ですよね。ダンス部に入ったばかりの頃は、みんなで必死にカウントを数えながら踊っていた記憶があります。


プロになった後ももちろん音楽の話とは切り離せず「もっとリズムを聞け」「歌うように踊るんだ。ボーカルを聞け」「メロディーを聞いて柔らかく踊れ」「鳴っている楽器の音を聞き分けろ。その中で好きな音を表現してみろ」とか、まぁ色々な先生が色々なアプローチで掘り下げてくる。


競技会でも音楽を外しているカップルには点数が入らないので、社交ダンスにおいて音楽の重要度が高いということは共通の認識としてあるかなと思います。


しかし!ここで衝撃的な事実が!!、、、、実は社交ダンスは音楽がなくても踊れます。
えー!そうだったのか!初めて知った!!ホントに?!と思う人だけでなく、何だか心あたりがある人も多いんじゃないかな。


社交ダンスはリード&フォローというルールがあり、これに基づいて動いています。男性の良いリードに対して女性が素晴らしい動きで応えれば、それはもうダンスといえるのではないでしょうか?スゴイダンサーが無音で練習していると、そこに音楽が見えることがあります。とまぁこれはトップレベルの話なのでおいておくね。


さてレベルは違えど、同様にリード&フォローである程度踊れる、、、踊れてしまうということが逆に問題になることも。例えば男性のリードを聞かなきゃ!と思うあまり、音楽を全く聴いていないということはしばしばあります。


生徒さんと踊り終わった後に
僕「さっきの曲、好きなんですよね~」
生徒さん「え?どんな音楽だったか全く記憶にないです(笑)」
僕「、、、、」


リードする側にも問題が起こることがあります。音楽のリズムは基本一定です。なので最初にテンポをつかめさえすれば、体内時計がかなり狂ってる人でもない限り、大きく外れることはないです。


で、意外と多いのが最初だけ音楽を聞いて後は全然聞いていないという人。そんなやつおらんやろ~(笑)と思うかもしれませんが、音楽を外してしまうという方の多くはこのパターンだったりします。音楽がとれないのではなく、聞いていないだけの人って割と多いような気がする。


でも音楽聞かなくて踊れるんだし、問題ないんじゃない?いやいやそこは聞いていきましょう。なぜなら音楽にはパワーが、エネルギーがある。落ち込んでいる時に好きな曲を聞いて元気が出たり、気持ちが不安定な時にやさしい曲を聞いて落ち着かせたり。音楽には人間の気持ちや身体を動かすエネルギーを持っています。


音楽からパワーを貰ってダンスに変えていければ、ダンスがよりよくなるのは簡単に想像できます。世間でいう「ノリ」の正体なのかもしれません。音楽を自分の味方にして踊っていきましょう!



こちらもどうぞ
相手が音楽を外した?!その時あなたはどうする?!
音楽の聞こえ方の個人差とペアダンス
音楽の聴き方・聞き方にはクセがある!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンダードの重要な表現方法の一つにライズがあります。カカトが上がって上半身が伸びやかな状態は非常にキレイで、ワルツやスローフォックストロットの醍醐味ですね。


より高いラインを魅せたい!と思う反面、カカトを上げるとなんだか安定しない、という方も多いと思います。今日はライズをする時にグラグラする理由を考えてみましょう。色々と可能性が考えられるけど、今日はエネルギーの計算ミスについて書きたいと思います。


移動しないでその場で上に上がる、という動作はダンスにはあまりないですよね。前後運動(前進後退)、左右への回転(ローテーション)、上下動(ライズ&フォール)、傾き(スウェイ)、のような運動の総合となります。


エネルギーの収支が合わなくなるとバランスを崩してしまう場合があります。何だか話が小難しくなっってきたな、、、読むのやめよう、、、とならないで(笑)ジェトコースターを想像して考えると簡単です。


坂を下りて加速したジェットコースターは1番下で最も速くなります。でもそこからまた坂を上りはじめるにはと減速していく。再び坂を駆け上がり一瞬止まるか止まらないかという速度で頂点に達し、そしてそこから再びゆっくりと落ちていく緊張の瞬間は、ナチュラルターンの足がそろう瞬間に似ていると言えます。


足がそろう瞬間に女性が前に突っ込んでしまう、または男性が後ろに倒れてしまうという場合は、前進または後退のエネルギー量が他の要素に比べて大きい場合が多いです。ジェットコースターと同じで上へ上がれば速度が低下して止まれるはず、、、要は上へ向かう力が足りないが為に十分に減速されずにその反動が前後に生じる、ということが理由の一つとして考えられます。


簡単にいえば女性はナチュラルターンを踊っていて「このままでは前に倒れそう」と嫌な予感がした時はとりあえずいつもよりも上に伸びてみましょう。安定する確率が上がると思います。水平方向へのエネルギーを上へ逃がすイメージです。


これはナチュラルターンだけでなくほぼ全てのステップに言えるよね。速度のコントロールが難しくバランスを崩すという状況は多いかと思います。みんなも試してみてねー!


こちらもどうぞ
ダンスのスピードを上げるには?!
ライズするタイミングに注意する
何の為に地面を踏むのか


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ボデイトーンは踊る上で非常に重要です。パーティーならばボディトーンのある人というのはリードが上手い、フォローが伝わりやすいということでとっても踊りやすい。


トーンは競技会においても重要な要素の一つです。トーンのあるダンサーは一目で分かるので勝ち上がる為にも研究は不可欠です。


もちろん僕らも他のダンサー同様にボディトーンの研究に時間を費やしてきています。普段から自分でも考えるし、レッスンでも色々なアイディアを貰います。その時々、先生のフィーリング、自分の成長段階に応じて多様な考え方を取り入れていくのが良いでしょう。


トーンを作る方法を何種類か紹介します。


・下から上
地面を踏んで、その床反力で上に伸びる方法。エネルギーの方向が下から上へ。頭のてっぺんへ抜けていくイメージ


・上から下
肩甲骨、肩などを下へさげることによりその反発で上へ伸びる方法。エネルギーの方向は上から下(その後上)。下へ使うことにより上へ伸びるイメージ。


・スパイラル
上から下、下から上。その際のエネルギー通り道は?直線的に考えるのではなく、らせん状に上から下、もしくは下から上へと考えてみる方法。


身体を伸ばすという意味ではどの方法も間違っていないので自分の分かりやすい方法で伸びてみましょう。その時は分からなくても、しばらくしてみてみてからトライするとすっとフィーリングが合う時もあります。どれも少し言葉は違うけど、やらせたいことは同じなんだなぁというダンスあるあるの代表例ですね(笑)



こちらもどうぞ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽って本当に素晴らしく、不思議なものです。例えば高校の登下校時に良く聞いていた曲を聞くと、一瞬にしてその当時のことが思い出されます。大学の時に練習で飽きるほど聞いていた曲も、今久しぶりに聞くとテンションが上がったり(笑)


音楽によって気持ちが昂ったり揺さぶられたりすることは誰しも経験のあることだと思います。それだけ音楽にはパワーがあります。


無粋な話になりますが、音楽=空気の振動=波動と考えることもできますよね。そう考えると、音楽には「エネルギーがあるような感じがする」のではなくて、確実にエネルギーがあると言えます。


ダンスの練習の際にはどうしても教わったことの再現に集中してしまいがちですが、音楽を動く力に変えていくという練習も必要かと思います。ただ、この練習は非常に難しい。


音楽にいかに没頭できているか、、、それができているかどうか判断が難しいからね。
そして、それをパートナーと協調しつつ、他のカップルとの兼ね合いで軌道も考えなくてはいけない。
なかなかハードルが高い(笑)


でもこういった練習が足りてないなぁと感じています。以前僕の先生が言っていました。


「こういう練習は成果が出ないから難しい。基本のウォークや立ち方の練習の方がよほど簡単。やればやっただけ成果がでるからね。でも、なかなか成果のでない部分の練習こそ大切なんだよ。」


なかなか成長が実感しにくい練習ではありますが、皆さんもトライしてみて下さい。


こちらもどうぞ
トップ選手の衝撃的な考え方
遅い音楽でばかり練習するのは注意が必要!
音楽ナシでの練習は大切!でも注意が必要!

ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンスにおいて骨盤の動きは非常に重要です。特にパソドブレ以外のラテンダンスの場合は骨盤がしっかり動いて見えなければなりません。


動かす上で問題になってくるのが、


「良く動かいている、たくさん動いている」


と状態と


「骨盤が抜けている、外れている」


の判断。僕もこのことにはたくさん悩みました。


ある時は「全然動いてない!もっと大きくたくさん動かせ!」と言われ、またある時は「それだと骨盤が抜けてしまっている!動けば良いもんじゃない!」と言われて、、、、結局どっちなんだよ!(笑)
もちろん両立が大切なのは分かっているのですが、、、


解決の一つに動かしたい部分と違う箇所を動かすという方法があると思います。例えば骨盤を右へ動かしたい場合は、右肩甲骨を左へ動かし尚且つ左脚で床をプレスする。そうすると上半身は左へ、下半身は右へ動くような形となり、結果として骨盤は右へ動きます。


骨盤自体を右へ動かそうとすると再現なく右へ動いてしまい抜けている、外れている状態になりやすいです。内側から外側へエネルギーが使われている状態です。。


それに対して肩甲骨と脚部を使って結果的に骨盤を動かすという方法は体のセンターにエネルギーが集まってきます。外から中へエネルギーが集中してきます。


内→外ではパワーが漏れていくのに対し、外→内はパワーを体内へ留めることができますので、運動の質としてはこちらの方が上質です。


「骨盤を動かす」という結果が欲しい場合、このように意識を変えることでダンスのエネルギーを上げていくことができます。僕の経験上、「指摘された部分」と違う部分にヒントがあるように思えます。


例えば
「ホールドが下がっている!」と言われた場合は「腕」でなく「背中」を上げる
「首が前に出ている!」と言われた時は「首」を引くのではなく「胸」を上げる
「もっとロアーして!」と言われた時は「膝」を曲げるのではなく「股関節」を曲げる


みんなも試してみてね!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ