社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:スピード

チャチャチャやサンバなどアップテンポな曲はのっていきやすい反面速く感じることもあると思います。基本的には音楽のスピードに文句をいうことはできないですよね。どんな場合でも自分を変えることにより対応していく必要があります。


人間の感覚は体調によっても左右されやすいので、音楽が早いのは気のせいの時もあります。
マト「今日の試合、曲速くない?」
アヤ「え?遅いと思うけど?」
マト「、、、、、、、、、」
なんて日もあります(笑)


実際に音楽のテンポが速いのか?自分の調子が悪くて速く感じるのか?真相は分からないけど、いつもより早い、早く感じるという現実に対して対応しなければなりません。


・歩幅の調整
まずはこれを見直してみましょう。音楽のスピードと歩幅は相関関係にあると考えて良いと思います。歩幅が大きくなり過ぎると音楽に間に合わなくなります。


例えばいつも同じ歩幅で練習し、本番も全く同じ歩幅を出そうと思っても上手くいかない場合があります。もし当日の音楽のスピードが普段練習している時よりも速い場合、その歩幅で踊るのは非常に難しくなると思います。


当日音楽のスピードを確認し、今の自分の実力ならばどのくらいの歩幅が適切か考える必要があります。


・止まっていないかどうか?
これは特にラテンで多いかな。例えばチャチャチャのニューヨーク、サンバのボタフォゴ、パソのツイスト。どのステップも滑らかな動きの中に印象的な形、ラインがあります。ポーズとまではいかなくとも、動いている中でもカッコイイ形が決まっていると良いよね。


ただ、ラインを意識しすぎて身体がその場に留まってしまうと音楽に遅れる可能性が出てきます。形をしっかり作りながらも、次に進む方向を狙っているかどうか?ということは大切です。


今日の曲はやたら速い、もしくは速く感じる、という時でも音楽のスピードを変えることはできません。自分自身の踊り方や意識を変えて対応していきましょう!


こちらもどうぞ
遅い音楽でばかり練習するのは注意が必要!
踊っていて余裕があるように見えるには?
音楽を引っ張ってみよう!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

面白いダンサーって色々なリズムを取ってくる人が多いですよね。ちょっとリズムを変えるだけで少しオシャレになったりします。例えば他の人が1&2&、、と踊っている部分を1a2&、、と踊るだけでも大分違うように見えるはずです。


そんなこと言ったってそんなの難しくてできないよ、、、という方にオススメなのが、めちゃくちゃ音楽を引っ張ってみるという方法。音楽にタメをつくるということです。


例えば2でステップする場合、ギリギリまで1に長くいるという非常にシンプルな方法。どのくらい長くいるの?その時のバランスは?ボディはどう使うの?色々あると思いますが、深いことは考えずにとにかくギリギリまで長く(笑)


注意点としては音楽を良く聞くこと。ギリギリまで溜めてから2に間に合わない!と思って踊ると意外と火事場の馬鹿力のように(笑)スピードがでたりします。この方法、文章にすると全然説得力もなく、なんだかアホみたいな理論なので書いていて若干恥ずかしい、、、でも効果はあると思います。


こういう練習をすると思ったよりもタメが作れる自分に気が付けることもあります。騙されたと思ってやってみてねー!



こちらもどうぞ
ダンスのスピードを上げるには?!
理論にこだわり過ぎは危険!
分かるとできるは全く異なる



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

社交ダンスの醍醐味の一つに相手とのコネクションがあります。これを利用することにより、自分一人では出せないスピードやパワーを生み出すことができます。これは社交ダンスの特徴の一つと言えるでしょう。


これは上手くいくと効果的である反面、失敗するとスピードもパワーも減衰し逆効果となることも、、、カップルで練習していてケンカの原因は99%このコネクション関連のものだと言って良いでしょう。ケンカをしない為には?という質問に対して最も適切な回答は「組んで踊るのをやめる」という答えだと思います(笑)


ここにこだわり過ぎると練習が全く進まなくなる反面、上手くいった時の効果を考えると避けては通ることのできない部分です。力加減、リードの方向、タイミング、受け方、、、上手くいかなくなる原因は様々です。お互いのその日の調子によって感じ方も異なってきてしまいます。


これをやれば絶対大丈夫!というものはないのですが、ヒントの一つに体の外側でリードしないということが挙げられます。リードをする、受ける時に腕をメインに使ってしまうと、力が強くなりすぎ過剰になってしまうことが多いです。腕を全く使わないという訳ではないのですが、自分の体幹と相手の体幹を繋げていくと考えた方が良いでしょう。


強すぎず、でもしっかりしていて安心感がある、というのが理想的なリードと言えるでしょう。コネクションにはプル(引く)とプッシュ(押す)がありますが、どちらも体幹で行うことが必要となってきます。


ケンカになりそうな時は自分の体幹に気を使ってみて下さい(笑)



こちらもどうぞ
相手と合わない時の対処法~その①~
相手がいると上手く踊れない!の理由~男性編~
相手が音楽を外した?!その時あなたはどうする?!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の台風は凄かったですね。家にも被害はなくとりあえず無事です。浸水被害、地盤のゆるみによる土砂災害もありますので油断はできませんが。今回、うちのスタジオでは早期に休業が決まりました。木曜日の時点で土曜日の営業を取りやめ、それに伴い夜のヤングサークルの中止を決定。


やはり、こういった時に重要なのは判断の速度ですね。過去にはその判断が遅れたばかりに台風の中、スタジオに生徒さんが来たことがありました。幸い何事もありませんでしたが、ケガや事故に合うリスクを考えるとこの時は完全にスタジオの判断ミスだったと思います。


今回は早期に鉄道各社が計画運休を決断しました。このおかげで判断に迷っていた多くのスタジオも休業を決め、安全が保たれたのでしょう。


ダンスをする上で大切な要素はいくつかありますが、特に重要なのは「健康であること」と言えると思います。元気に過ごせるからこそ、ダンスを楽しむことができるんです。皆さんも大好きなダンスを継続する為にも、日々を健康にケガなく過ごすことを第一に考えましょう。増水した川を見に行くなんてもっての外です。命あってのダンスですからね。


さてスピーディーな決断力はダンスを踊る上でも非常に重要です。自分の進路上にカップルがいる場合


自分が先に通るか?相手が通るのを待つか?

右に避けるか?左に避けるか?

ステップは順番通りいくか?違うステップに切り替えるか?


こういったことを瞬時に決断していく必要があります。考えている間も時間は過ぎていきますので、フロアの状況は刻一刻と変化していきます。右に避けるのがベストだったとしても、3秒後にはその選択が悪手に変わっている可能性は非常に高いです。


では決断力を養うにはどうすれば良いか?それは「何度も決断する」ということ経験を積むこと。単純に決断する回数を増やすのが一番の近道です。


ダンスパーティーや競技会、練習場など混雑したフロアで止まることなく踊る練習をしてみましょう。また、ステップを決めずに踊ってみるのも良いでしょう。ステップを決断する必要があるからね。


まぁこの決断のスピードが大事というのはダンスだけでなく、他のスポーツ、お仕事などでも同様ですよね。といことはダンスで決断力が養えれば仕事も上手くいくかも?!結論!もっとダンスしよう!



こちらもどうぞ
会場を下見してフロアクラフトを考えよう
混んでいるフロアで踊るのは練習になる
フロアでスイスイ踊るには~フロアクラフトについてその1~



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の日曜日のギャラクシーはライジングも本戦も二次予選でした。次のラウンドまではあと少しだったので残念ではあったけど、2曲踊っただけで汗が凄く自分の体調大丈夫なのか?!という感じだったし、仕方ないですね。結局月曜日も休んで5日も休んだし、、、


実は左耳の聞こえが悪く、中耳炎になりかけているらしいです。今回は随分ひどい、、、


さて試合の1曲目がチャチャチャだったのですが、今日は音楽のスピードがメチャメチャ速い!!身体を使い切る間もなく次の音が来る~、、、、とちょっとバタバタしてしまった、、、
それに対して綾先生は割と調子良さそう。踊り終わった後に


綾先生「今日音楽ゆっくりだね~。」
麻戸「!!」


マジで?!めっちゃ速くない?!


これは実はよくある現象なんですね。調子が良い時は音楽がクリアに、ゆったり聞こえるのに対して、調子が悪い時はやたら音楽が速く感じる。音楽が速いんじゃなくて自分が遅いだけ(笑)


ダンスはタイムが出るわけではないので、調子の良い悪いは感覚的なものになってきます。音楽をどう感じるか?ということがその日の調子を測る基準の一つとなるかもしれません。


さて調子が悪いのは分かった、そこからどうしようか?という話ですが、、、これがなかなか難しい。


・調子が悪い自分を受け入れ、今、自分ができることに集中する。
・音楽を聴いて気分を盛り上げる
・ラウンド間は無駄に動かず休むことに集中する
・自分が不足している部分はパートナーがなんとかしてくれると信じる(←人まかせ(笑))


こんな感じかなぁ。まぁ理想はいつもベストコンディションで迎えられるのが良いんだけど、試合が続いたりするとなかなか難しいからね。みんなも体調には気を付けてねー!


その他の記事も見てね~!


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ