社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:テンポ

チャチャチャやサンバなどアップテンポな曲はのっていきやすい反面速く感じることもあると思います。基本的には音楽のスピードに文句をいうことはできないですよね。どんな場合でも自分を変えることにより対応していく必要があります。


人間の感覚は体調によっても左右されやすいので、音楽が早いのは気のせいの時もあります。
マト「今日の試合、曲速くない?」
アヤ「え?遅いと思うけど?」
マト「、、、、、、、、、」
なんて日もあります(笑)


実際に音楽のテンポが速いのか?自分の調子が悪くて速く感じるのか?真相は分からないけど、いつもより早い、早く感じるという現実に対して対応しなければなりません。


・歩幅の調整
まずはこれを見直してみましょう。音楽のスピードと歩幅は相関関係にあると考えて良いと思います。歩幅が大きくなり過ぎると音楽に間に合わなくなります。


例えばいつも同じ歩幅で練習し、本番も全く同じ歩幅を出そうと思っても上手くいかない場合があります。もし当日の音楽のスピードが普段練習している時よりも速い場合、その歩幅で踊るのは非常に難しくなると思います。


当日音楽のスピードを確認し、今の自分の実力ならばどのくらいの歩幅が適切か考える必要があります。


・止まっていないかどうか?
これは特にラテンで多いかな。例えばチャチャチャのニューヨーク、サンバのボタフォゴ、パソのツイスト。どのステップも滑らかな動きの中に印象的な形、ラインがあります。ポーズとまではいかなくとも、動いている中でもカッコイイ形が決まっていると良いよね。


ただ、ラインを意識しすぎて身体がその場に留まってしまうと音楽に遅れる可能性が出てきます。形をしっかり作りながらも、次に進む方向を狙っているかどうか?ということは大切です。


今日の曲はやたら速い、もしくは速く感じる、という時でも音楽のスピードを変えることはできません。自分自身の踊り方や意識を変えて対応していきましょう!


こちらもどうぞ
遅い音楽でばかり練習するのは注意が必要!
踊っていて余裕があるように見えるには?
音楽を引っ張ってみよう!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

学生のときに一時期、仲間で流行った練習。チャチャチャの曲をめちゃめちゃ速くして踊る!そのときはプラス12%…だったかな?で自分のルーティンを踊る練習をみんなでしていました。


人間とは不思議なもので速いテンポ曲で踊ると最初は「えっ、無理無理!」と思ってもだんだん慣れてきます。何曲か速いテンポのチャチャチャを踊ってから、標準テンポの曲で踊るとあら不思議、曲がすごくゆっくりに聞こえます。「チャチャってこんなゆっくりだったんだ~!」と思うこと間違いナシ!


チャチャチャやサンバなど速いテンポの種目は、なんとなく間に合わなそうな気がして、動作を急ぎ過ぎて曲に合わなくなることも多いです。私もその傾向があるのですが、この練習は動作が速くなりすぎる問題をかなり改善してくれました。


また、速いテンポで踊るには曲に合わせて普段より動作をコンパクトにしなければいけません。プラス12%だと曲に合わせるにはかなり動作をコンパクトにすることが求められます。今考えると、そういった練習をしていくうちに動作が大きくなりすぎていたところが上手く調整されていったのかもしれませn。ま、当時は全然そんなこと考えていなかったけどね!(笑)


チャチャチャは曲が速くて間に合わない人、急ぎ過ぎて曲より速くなってしまう人、どちらにも効果的な練習です。練習環境が許せばぜひお試しあれ~!※この練習、コケる人も多かったのでケガには注意!!


関連記事
色々なスピードの曲で練習してみよう
遅い音楽でばかり練習するのは注意が必要!
音楽の聞こえ方の個人差とペアダンス



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の日曜日のギャラクシーはライジングも本戦も二次予選でした。次のラウンドまではあと少しだったので残念ではあったけど、2曲踊っただけで汗が凄く自分の体調大丈夫なのか?!という感じだったし、仕方ないですね。結局月曜日も休んで5日も休んだし、、、


実は左耳の聞こえが悪く、中耳炎になりかけているらしいです。今回は随分ひどい、、、


さて試合の1曲目がチャチャチャだったのですが、今日は音楽のスピードがメチャメチャ速い!!身体を使い切る間もなく次の音が来る~、、、、とちょっとバタバタしてしまった、、、
それに対して綾先生は割と調子良さそう。踊り終わった後に


綾先生「今日音楽ゆっくりだね~。」
麻戸「!!」


マジで?!めっちゃ速くない?!


これは実はよくある現象なんですね。調子が良い時は音楽がクリアに、ゆったり聞こえるのに対して、調子が悪い時はやたら音楽が速く感じる。音楽が速いんじゃなくて自分が遅いだけ(笑)


ダンスはタイムが出るわけではないので、調子の良い悪いは感覚的なものになってきます。音楽をどう感じるか?ということがその日の調子を測る基準の一つとなるかもしれません。


さて調子が悪いのは分かった、そこからどうしようか?という話ですが、、、これがなかなか難しい。


・調子が悪い自分を受け入れ、今、自分ができることに集中する。
・音楽を聴いて気分を盛り上げる
・ラウンド間は無駄に動かず休むことに集中する
・自分が不足している部分はパートナーがなんとかしてくれると信じる(←人まかせ(笑))


こんな感じかなぁ。まぁ理想はいつもベストコンディションで迎えられるのが良いんだけど、試合が続いたりするとなかなか難しいからね。みんなも体調には気を付けてねー!


その他の記事も見てね~!


    このエントリーをはてなブックマークに追加

ロンドンの練習会では主にブラックプールで実際に使用する曲を使っています。初日に感じたことは音楽が速いということです。これは過去にもブログで書いたかもそれませんが、日本の競技会の音楽のスピードは明らかに遅いです。



選手会からも音楽のスピードを世界の基準と同じにして欲しいと要望を出したことがありました。その時は、日本国内の試合は世界基準と一致させる必要はないという答えだったと記憶しています。


音楽のスピードが違うと何が違うか?ボディの動き出しをより早く、動く為の準備をより早くしていく必要があります。ゆっくりな曲では準備のタイミングが多少遅くても間に合うでしょう。でも早い曲になるとそうはいきません。


もちろん音楽が速いと本来すべき動作を省略して踊ってしまうこともあるので、ゆっくりな曲で体の使い方を練習する時間も必要です。ただ、音楽のテンポの変化と共に踊り方が変わってきているという歴史から考えると、遅い曲に慣れてしまうことは良いこととは言えなそうです。


競技会での音楽が遅いからなのか、練習場などでも同様に遅い音楽かかります。これは聞いた話なのですが、普通のスピードで音楽をかけているとクレームが入るのだとか、、、こちらで毎日早い音楽で練習会で踊ることで、体が対応できるようになってきて動き方が変わってきたように思えます。


ただ、日本に帰って試合の音楽に対応しようと思うとまた遅い音楽で練習する必要があり、、、うーん、、日本の試合の音楽もこれくらいのスピードにしてもらえればなぁ、、、


関連記事もどうぞ!




ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら


    このエントリーをはてなブックマークに追加

私達が踊る社交ダンス・競技ダンスの特徴のひとつに曲を決めて振り付けをして踊るのではなく、その場で流れる曲に合わせて踊る。という事があります。


なので、練習も色々な速さの曲でやるのがオススメ!


速い曲では、タイミングに間に合うように練習することで一拍や半拍の間に使える身体の幅を理解する事が出来ます。


遅い曲は、ひとつひとつの動作を丁寧に踊ったり、大きく身体を使う練習もできるし、途中で動きが止まっているところを発見できたりもします。



パーティーでも、競技会でもダンサーは流れた曲に合わせて踊ることが求められます。踊る音楽の速さは選べません。(デモンストレーションは選べるけどね。)音楽のスピードに合わせて身体の動きがコントロールできるようになれば、いつでも楽しく、かっこよく踊れますね!


こちらも読んでみてね。
プロもやってる!社交ダンス上達の方法!
音楽に合ってない!と言われたら…音楽の聴き方・聞き方にはクセがある!
練習場所を変えるだけで上手くなる!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ