社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:パーティ

チャチャチャやサンバなどアップテンポな曲はのっていきやすい反面速く感じることもあると思います。基本的には音楽のスピードに文句をいうことはできないですよね。どんな場合でも自分を変えることにより対応していく必要があります。


人間の感覚は体調によっても左右されやすいので、音楽が早いのは気のせいの時もあります。
マト「今日の試合、曲速くない?」
アヤ「え?遅いと思うけど?」
マト「、、、、、、、、、」
なんて日もあります(笑)


実際に音楽のテンポが速いのか?自分の調子が悪くて速く感じるのか?真相は分からないけど、いつもより早い、早く感じるという現実に対して対応しなければなりません。


・歩幅の調整
まずはこれを見直してみましょう。音楽のスピードと歩幅は相関関係にあると考えて良いと思います。歩幅が大きくなり過ぎると音楽に間に合わなくなります。


例えばいつも同じ歩幅で練習し、本番も全く同じ歩幅を出そうと思っても上手くいかない場合があります。もし当日の音楽のスピードが普段練習している時よりも速い場合、その歩幅で踊るのは非常に難しくなると思います。


当日音楽のスピードを確認し、今の自分の実力ならばどのくらいの歩幅が適切か考える必要があります。


・止まっていないかどうか?
これは特にラテンで多いかな。例えばチャチャチャのニューヨーク、サンバのボタフォゴ、パソのツイスト。どのステップも滑らかな動きの中に印象的な形、ラインがあります。ポーズとまではいかなくとも、動いている中でもカッコイイ形が決まっていると良いよね。


ただ、ラインを意識しすぎて身体がその場に留まってしまうと音楽に遅れる可能性が出てきます。形をしっかり作りながらも、次に進む方向を狙っているかどうか?ということは大切です。


今日の曲はやたら速い、もしくは速く感じる、という時でも音楽のスピードを変えることはできません。自分自身の踊り方や意識を変えて対応していきましょう!


こちらもどうぞ
遅い音楽でばかり練習するのは注意が必要!
踊っていて余裕があるように見えるには?
音楽を引っ張ってみよう!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

パーティーでもよく使われるルンバの定番ステップ、スライディングドアーズ!これ、ベーシックステップの方を普段よく使うよ、って人どれくらいいるのかな?「サークルでこのステップやってるんだ、教えて!」っていう生徒さんはいるけど、私はパーティーではほとんどバリエーションしかリードされたことないです。


学生のときはそもそもベーシックのスライディングドアーズの足型を知らなかったです。「え、これベーシックなんてあるの…?」と言う感じ。(笑) いまだに知らない人もいそう。


そもそも自分が踊っているのはベーシックなのか分からない、という方は

1.男性/女性と手をつないでいるかどうか
2.先行(スライディングドアーズの前に踊るステップ)は何か

でチェックできるよ。ルンバのベーシックでずっと両手を放して踊るのはスリースリーズだけなので、両手を放していたらバリエーションです。あとはファンポジションから入るのはベーシック、アレマーナから入るのはバリエーションです。


これはベーシック


こっちはバリエーション!
この動画のように、アレマーナ~スライディングドアーズという順番でよくパーティーではリードされます。そのあとクローズドヒップツイストにつなぐのはあまりリードされませんが。

誰とでも踊れるのがベーシックステップで、難しいから二人ともステップを理解していないと踊れないのがバリエーション!とよく言ったりしますが、スライディングドアーズはなぜかバリエーションの方がベーシックより有名になっちゃったから、バリエーションの方がリードが通じやすいよね。


でも本来、テクニック的にはベーシックステップの方が、両手つなぎか片手を繋いでもう片方は肩に触れるというホールドの形だし、接してる部分が多いからリードしやすいはず!なんだけどなぁ…。ベーシックがマイナーすぎて通じないよね。


あまりにバリエーションの方が有名になったせいか数年前に出たWDSFの教科書では、アドバンスト・スライディングドアーズという名前で載っています。


名前が教科書に載っているということはもはやベーシックステップ?でもWDSF以外の教科書にはのっていないし…。ますますややこしい。(笑)


ですが、スライディングドアーズは両手つなぎ、片手つなぎ、手をはなして踊る、など様々な踊り方が出来るのでバリーエーションなら後続ステップも色々選べるし、かなり便利!


だいたい有名なベーシックは覚えたぞ!という人は、スライディングドアーズもよく使うから覚えておくのがオススメですよ。


こちらも見てね!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

三月のパーティに向けて、スタジオでは生徒さんが日々準備、練習に勤しんでおります。振り付けはだいたい終わってきていて、見た目のキレイさを磨く段階に来ています。アームやネックなどの細部も見た目の印象を決める大事な部分ですね。


ネックをつけるとステップがわからなくなってしまう人は多いです。理由はネックチェンジにつられて、下半身や上半身の向きが変わってしまうから。


「今まで必死にステップを踊っていて、顔の向きなんて考えていなかった!」という人は、顔・上半身・下半身、それぞれの向きをステップ毎に整理してみるのがおすすめ!


ラテンの場合は身体を捻ってラインを作るので3つ全部まっすぐはほとんどないよ。(たまにあるけど)「えっ、たくさんある!!」って人は棒立ち状態になっているかも。笑


顔・上半身・下半身の向ける方向は分かっているのに上手くいかない人は、エネルギーのバランスを考えてみよう。


たとえば女性のルンバのファンポジション。下半身は男性に向ける。それに対して顔・上半身は左に90度回転した状態。下半身も左に一緒に回転しちゃう人をよく見かけるよね。


顔・上半身が左に回転する、ということは言い換えると身体のパーツの3分の2が左に回転している。残された下半身をまっすぐ男性に向けておくためには、そのパワーと釣り合うだけの右への捻るエネルギーが必要。右に捻っているのは外からは見えないけど、これって結構なパワーです。

そう言った計算ができているかどうか、もう一度振り返ってみると上手くできるよ。


こういった練習をしておくと、本番で突然ステップが分からなくなる可能性を下げることができます。なんとなくできているという状態だと、人にぶつかりそうになるなどのトラブルがあり、顔の向きがズレると修正が効きません。身体のひねりを計算してやっている人はある程度調整ができます。


意外と難しいけど、やると見た目もかっこよくなるし競技会やデモで焦らず踊れる確率UP!ぜひお試しあれ〜!


関連記事



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ