社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:変化

このブログも記事数が増えてきてきました。正直自分で書いた内容を忘れていることが多い。この間も生徒さんに「先生のあの記事が参考になったよ~!」と言われたけど、書いたこと自体言われるまで忘れていたよ(笑)


たまに昔の記事を見直すことがあるんだけど、やたら短くて読み応えのない記事や、長すぎて要点がまとまっていなくて読みにくかったりということが多い。一応、文章にまとめる能力は上がっているみたいで良かった。その反面、過去の記事はどうしようか?とも思います。


ダンスに対する考え方、レッスンに対する考え方、ダンス業界に対する考え方など、現在と過去では微妙に変わっていることもあります。でも昔の自分はこう考えていたという記録として残しておくのが良いかなと思っています。


僕がブログを書きはじめた時と比較してもダンスは進化し続けています。もちろん全てが変化しているわけではなく、昔と比較して変わらない部分もあります。でも確実に変わっている部分はあるのです。


ダンスと同様に人も変わっていきます。みなさんが日々ダンスの練習をして考ることで理解が深まり、以前とは少し違った考え方を持つのと同様に、僕ら教師も日々研究を繰り返して変わるものです。さらに言えば僕らにダンスを教えてくれている先生も言うことがもちろん変わります。弟子達のダンスを良くする為にはダンスの勉強を継続し、どう表現すればより伝わるか、どのように良い方向へ導くのか、日々アップデートしているのです。


自分自身も1年前と今を比較するとダンスの知識量、教え方のノウハウは圧倒的に増えています。今の方が確実に良いレッスンができる自信があります。でもこれは生徒さんからするとちょっと微妙ですよね。私1年前からレッスン受けていたんですけど!最初からそのクオリティで頼むよ!となるよね。気持ちは分かります。僕もたくさんレッスン受けるからね(笑)


僕らがレッスンを受ける時にも皆さんと同じ状況になることがあります。右スウェイにした方が良いと言われ練習していって、今度のレッスンでは左スウェイにしなさいと言われることもあります。えー!私達の練習時間を返してくれー!と一瞬思いますが、左スウェイの方が良いという根拠を聞くとなるほど、、、という感じ。


右スウェイで練習した経験があるこそ、左スウェイの方が良いということを自分自身も実感することができます。結果的に自分自身にとっての無駄はなかったという話です。


先生の中にはいつも同じ内容のレッスンをする人がいます。これに関しては問題ありません。時代が変わっても不変的なものは存在します。


問題は「教え方」に成長のない人。そしてダンスを勉強し続けていない人。そういう意味でのいつも同じ内容のレッスンを受け続けることはオススメできません。ダンスに完成はないですからね。完成がない以上、僕らはみなさんと共に考え方、教え方を常にアップデートし続ける必要があります。


「先生の言うことがコロコロ変わって困る」「一生懸命練習したのが無駄になった」と考えてしまう人もいるでしょうが、決して無駄ではないと思います。先生も気まぐれで変えているわけではないはず(笑)一見遠回りに見える道が実は最短ルートということもあります。変化=成長と考えて頑張っていきましょう!




こちらもどうぞ
自分の動作を言葉にすると良い
自分が何をしているのか説明できる?
結果は同じでも意識を変えると質が変わる




ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

まとあやが所属するダンススタジオキシモト大船は今日から営業開始です!今年は一週間丸々お休みでした。実は2日にちょっと練習したのですが、やっぱり休むとリフレッシュするけど身体がなまるな~。


以前、時には休むことも大切という記事でも書いていますが休むことも大切。気分転換も必要だと思います。ですが、私達のように仕事にしている人以外は、ダンスだけずっとやっているというわけにもいきませんし、忙しくてしばらくダンスできなかった。という人もいると思います。


年末年始の休み明けや久しぶりにダンスを踊る。そんなときはちょっとだけ気をつけて下さい!こういうときはとってもケガをしやすいです。


・普段から頻繁に踊っている方
少し休んでいい感じに疲労がぬけているかも!と思っていてもほどほどに。休むと疲労が抜けて身体が柔らかくなっていること、私もあります。その状態に身体の筋力や他の部分の柔軟性がついていかないとケガをします。いつもと身体のバランスがちょっと違うことが多いので、調子が良くてもあまり飛ばしすぎないようにしましょう。飛ばしすぎると身体を痛める可能性大。


・久しぶりに踊る方
可能な場合は、組んで踊る前に少しウォーク等して自分バランスを確かめておくことをおすすめします。(ヒールを履いて踊る女性の方は特に)以前バリバリ踊っていた人の方がより、以前の自分の動きとのギャップを感じやすいです。身体が重く感じたり、自分の動くスピードがかなり遅く感じられますが、少し動くとだいぶ調整できます。身体が動かないなと思っても無理は禁物。期間がかなり空いている場合、悲しいですが筋力も落ちている可能性があり、無理をすると怪我をします。徐々に戻していきましょう。


どちらの方にも言えることは、練習再開一回目は頑張りすぎない!休み前の身体に戻すための調整と考える方が良いかも。


また、社交ダンスの教室では、年末大掃除でワックスがけをしているところも多いと思います。ワックスの種類にもよりますが、ワックスがけをした直後のフロアは滑りにくく、通常時より足が疲れる可能性もあります。


年始のレッスンで張り切りすぎて怪我。なんて悲しい一年の始まりにならないように気を付けましょう!我々も気を付けます!


関連記事
身体のバランスは日々変化している
長期間お休みして気まずい
滑るフロアでの踊り方(リクエスト記事)



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

面白いダンサーって色々なリズムを取ってくる人が多いですよね。ちょっとリズムを変えるだけで少しオシャレになったりします。例えば他の人が1&2&、、と踊っている部分を1a2&、、と踊るだけでも大分違うように見えるはずです。


そんなこと言ったってそんなの難しくてできないよ、、、という方にオススメなのが、めちゃくちゃ音楽を引っ張ってみるという方法。音楽にタメをつくるということです。


例えば2でステップする場合、ギリギリまで1に長くいるという非常にシンプルな方法。どのくらい長くいるの?その時のバランスは?ボディはどう使うの?色々あると思いますが、深いことは考えずにとにかくギリギリまで長く(笑)


注意点としては音楽を良く聞くこと。ギリギリまで溜めてから2に間に合わない!と思って踊ると意外と火事場の馬鹿力のように(笑)スピードがでたりします。この方法、文章にすると全然説得力もなく、なんだかアホみたいな理論なので書いていて若干恥ずかしい、、、でも効果はあると思います。


こういう練習をすると思ったよりもタメが作れる自分に気が付けることもあります。騙されたと思ってやってみてねー!



こちらもどうぞ
ダンスのスピードを上げるには?!
理論にこだわり過ぎは危険!
分かるとできるは全く異なる



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昔は体罰も許されていました。愛があれば体罰も指導として認められる。それが世間の常識でした。今はどんな事情があっても体罰はしてはならない。これが世間の常識です。


これは時代によって180度変わってしまいましたね。ダンスに関しても時代と共に変化した事がたくさんあるそうです。


例えば男性のフットワークの常識。昔は、足の甲を出すアクションはしちゃダメだ!男らしく見えない!もっとベタ足で!と指導されていたそうです。今では男性も女性同様、足は甲が出ていている方が単純に綺麗だし評価もされます。なんで足の甲出さないの?出した方が綺麗にきまってるよ!って感じです笑。


ボールルームの男女のホールドも今でこそトップが広い方が良いというのが常識ですが、昔は女性が後ろにしなることはありませんでした。


以前うちのスタジオで学生の練習会をした時のことです。岸本先生よりさらに上の先輩が練習会を見に来て下さいました。その方は卒部以来ダンスを全く見ていなかったそうですが、学生の踊りを見て最初に発した言葉は

「みんなよく動くけど、女子の形が異常だよ。どうしてそんなに上をみているの?」でした。
岸本先生も苦笑い(笑)
「、、、先輩が現役の時とは時代が違いますよ。」


後日学生の冬の全日本戦の観戦に行った先輩は、ダンスの進化に大きな衝撃を受けていました。



もちろん不変なものもありますが、時代によって良い動作、アクションは変わってきます。時代に取り残されないようにどんどん勉強していきましょう!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は同じLOD上で、同じ方向の名前(アライメント)でも、自分がフロアのどこにいるかで、指し示す場所が変わってしまう。というお話でした。


今回は、じゃあLODが変わったときはどうなるの?というお話です。


今回も図にしてみました。
方向の名前4
もともといたLODを旧LOD、カドを曲がって新たに進んでいく方を新LODと呼びます。ちなみに、この呼び方は教科書や雑誌にも出てきます。覚えておくと便利。


方向の名前(アライメント)はLODを基準についているので、上の図のように変化します。そして、LODは4つあるので、それぞれの方向にアライメントをつけると下記のようになります↓
方向の名前5

同じ方向の名前なのに、このように変化するんですね。ややこしいよね。


ただ、最初の記事でもお話したようにこのルールが理解できると、覚えたステップのLODが変わってもすんなり踊れるようになります。


男性も女性も理解しておきたい概念のひとつですね!ブログじゃ、いまいち分かんなかったという方は直接、麻戸・綾に聞くか、自分の先生に聞いてみてね!


LODとアライメントについてのシリーズ↓
「フロアのまわり方〜LODって何?〜」
社交ダンス用、方向の名前(アライメント)について
同じ方向の名前なのに指し示す場所は違う(アライメントの罠!)



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ