社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:教え方

このブログも記事数が増えてきてきました。正直自分で書いた内容を忘れていることが多い。この間も生徒さんに「先生のあの記事が参考になったよ~!」と言われたけど、書いたこと自体言われるまで忘れていたよ(笑)


たまに昔の記事を見直すことがあるんだけど、やたら短くて読み応えのない記事や、長すぎて要点がまとまっていなくて読みにくかったりということが多い。一応、文章にまとめる能力は上がっているみたいで良かった。その反面、過去の記事はどうしようか?とも思います。


ダンスに対する考え方、レッスンに対する考え方、ダンス業界に対する考え方など、現在と過去では微妙に変わっていることもあります。でも昔の自分はこう考えていたという記録として残しておくのが良いかなと思っています。


僕がブログを書きはじめた時と比較してもダンスは進化し続けています。もちろん全てが変化しているわけではなく、昔と比較して変わらない部分もあります。でも確実に変わっている部分はあるのです。


ダンスと同様に人も変わっていきます。みなさんが日々ダンスの練習をして考ることで理解が深まり、以前とは少し違った考え方を持つのと同様に、僕ら教師も日々研究を繰り返して変わるものです。さらに言えば僕らにダンスを教えてくれている先生も言うことがもちろん変わります。弟子達のダンスを良くする為にはダンスの勉強を継続し、どう表現すればより伝わるか、どのように良い方向へ導くのか、日々アップデートしているのです。


自分自身も1年前と今を比較するとダンスの知識量、教え方のノウハウは圧倒的に増えています。今の方が確実に良いレッスンができる自信があります。でもこれは生徒さんからするとちょっと微妙ですよね。私1年前からレッスン受けていたんですけど!最初からそのクオリティで頼むよ!となるよね。気持ちは分かります。僕もたくさんレッスン受けるからね(笑)


僕らがレッスンを受ける時にも皆さんと同じ状況になることがあります。右スウェイにした方が良いと言われ練習していって、今度のレッスンでは左スウェイにしなさいと言われることもあります。えー!私達の練習時間を返してくれー!と一瞬思いますが、左スウェイの方が良いという根拠を聞くとなるほど、、、という感じ。


右スウェイで練習した経験があるこそ、左スウェイの方が良いということを自分自身も実感することができます。結果的に自分自身にとっての無駄はなかったという話です。


先生の中にはいつも同じ内容のレッスンをする人がいます。これに関しては問題ありません。時代が変わっても不変的なものは存在します。


問題は「教え方」に成長のない人。そしてダンスを勉強し続けていない人。そういう意味でのいつも同じ内容のレッスンを受け続けることはオススメできません。ダンスに完成はないですからね。完成がない以上、僕らはみなさんと共に考え方、教え方を常にアップデートし続ける必要があります。


「先生の言うことがコロコロ変わって困る」「一生懸命練習したのが無駄になった」と考えてしまう人もいるでしょうが、決して無駄ではないと思います。先生も気まぐれで変えているわけではないはず(笑)一見遠回りに見える道が実は最短ルートということもあります。変化=成長と考えて頑張っていきましょう!




こちらもどうぞ
自分の動作を言葉にすると良い
自分が何をしているのか説明できる?
結果は同じでも意識を変えると質が変わる




ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ7月ですね。スタジオの営業を再開して一か月が経とうとしています。営業自粛中はオンラインレッスンがたくさんのスタジオで開催されていましたね。7月以降もオンラインレッスン継続するスタジオは多いのかな?


私達は元々そんなにやっていたわけではありませんが、細々と今もオンラインレッスンを続けています。


今日はしばらくオンラインレッスンをやってみて普段のレッスンとの違い、というかレッスンを進めていく上で先生が気を付けることを自分用に記録として書いていきます。マトアヤがオンラインレッスンで使っているのはZOOMです。


自分用忘備録ですが、これからオンラインで何か教える予定のある人の参考になれば。マトアヤの生徒さんは「へー、先生もあぁ見えてちょっとは考えてたのねー。」と高みの見物でもしてって下さい。


まずは
〈方向について〉
  • 話すときはカメラに向かって話す
  • 踊るときは背中を向けて踊る
  • カメラの方を向いて鏡合わせで踊ることもできるけど生徒さんが混乱しやすい
  • できればモニターとカメラは近くに。二つ同時に見える位置が良い
わたし達は説明するときはカメラに対面して鏡合わせや横向きで踊って見せながら説明をし、音楽に合わせて踊るときやステップを覚えてもらう場面では生徒さんがマネしやすいように背中を向けてレッスンしています。


あとカメラを見て話すのは慣れていないと結構大変。最初はまず、カメラに向かってひたすら自分だけが喋ることに抵抗がありました。ウチのスタジオではカメラの画角(写る範囲)の関係で、モニターがカメラと一緒に見られるところに置けなかったため、生徒さんの反応もカメラを見てると分からず、ちょっと困りました。最近はカメラに向かって一方的に話すことに慣れてきたけど。

そして
〈服装について〉
  • レッスンウェアが上下黒だと動きがすごく見えづらい 
  • 服の色を上下で変えてウエストの境目がはっきりわかるようにする
  • 横から見ると右足か左足か分かりにくい
足元を見せるときは脚の膝下、内側・外側で違う色がついたレギンスでやってみたら好評でした。画面越しだと黒いズボンはパッと見で右足なのか左足なのか区別がつかないそうです。


私はレギンス履いてみましたが、片方だけズボンをまくってレッスンする先生もいるみたい。その手があったか!


また背景や床の色との関係で服の色によって見え方が結構違います。ウチのスタジオは壁が白、床は明るい茶色です。白やオレンジの服は背景と色が被って動きがわかりにくいため着用NG!という感じで、意外と服装には気を使いました。


そして最後に
〈レッスン内容について〉
  • 通常時より言葉での説明を多く。画面越しだとわかりにくいので右手・左手、右回り・左回り、ひざ・足首など方向と部位をなるべく指し示す。
  • 社交ダンスは男女の入れかわりがあり、回転するステップが多い。回転してしまうと画面が見えなくなるため、通常のステップを教えるときはステップを分割してそれぞれを見やすいアングルで教える。
  • またはオンラインレッスン用にステップを作る。なるべく回転のないルーティンが良い。同じ動きをゆっくりのタイミング〜早いタイミングに発展させたり、リズムだけが変化するような振付は生徒さんも対応が早く身体をいっぱい使える。
  • 生徒さんの住まい環境(戸建てか集合住宅か)に合わせて騒音には配慮する

あとは
〈基本操作と事前準備&アフターフォロー〉
下記のようなことをやっています。
  • 操作が心配な方は電話やメールで説明しつつ事前に接続テストをする
  • 直前にトラブルが起こることを想定して事前にIDやパスワードなどをお知らせしておく
  • レッスン中、困ったことがあったらチャットに書き込む、LINEに連絡するなどヘルプを出す方法を決めておく
  • レッスン中、接続トラブルがあった人には、トラブル解決方法を一通り調べてお知らせする
  • レッスン開始までの待機時間に簡単なZOOMの操作説明の画像を用意し、画面に表示しておく
  • 生徒さんは基本ミュート。意見交換するときのみ音声ON
  • 講師の画面が写るようにスポットライトビデオにしておく
書いてみたら意外とたくさんあって驚きですが、こんな感じでやっています。


オンラインレッスンは接続できるか心配、という方がマトアヤの生徒さんでも多かったのですが、大変なのは最初だけでやってみると意外と簡単ね!という方、非常に多いです。

コロナ自粛の影響で色々な先生のオンラインレッスンを受けられる機会が増えましたね。習いたい先生がいるけど通うには遠い…という方はこの機会にぜひチャレンジしてみて下さいねー!そして画期的な方法でレッスンしていたら「あの先生は、こんなのやってて良かったよ!」と教えて下さい。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らの競技は絶対的な審査基準がなく、審査員の主観で成績が決まります。こうやったら何点、これで減点、というものはなく、周りと比較して優劣を主観により判別します。


主観とは?簡単にいえば、その人個人の意見、ということです。もちろん個々によって異なります。これは指導する時にも同様です。


先日、弘前大学の学生練習会の時の時のお話。うちのオーナーも弘前大学のOBなので一緒に現役生のダンスを見ていました。僕が最も問題に感じたのはタイミングでした。音楽に対してクリアでないので、どうしても見ていて後味の悪さが残ってしまう。


それに対してうちのオーナーは音楽の話は一切せず、終始立ち方のアドバイスをしていました。確かにベースとなる立ち方の改善はダンスの上達に欠かせません。


もちろん立ち方も音楽性も良い、ということを目指していくべきで、僕もオーナーも自分のアドバイスが最も重要という気持ちはありません。ただ、何か一つをアドバイスするならば、、、と考えた時の選択は人によって異なるということです。


この選択は皆さんにレッスンする時にも起きています。複数の先生に習っていると、この先生にはこう言われたのにあの先生にはこう言われた、、、なんてことは良く起こります。これは単純に見方が異なるだけということもあるでしょう。競技会でも同様で、審査員によって審査結果が異なるのもこのことが原因と言えます。


この自分と違った見方に触れるということは、自分の考え方の幅を広げてくれることでしょう。このダンスを見てどのように感じるか?仲間と語り合ってみるのも楽しいし、上達に繋がるかもしれませんね。


こちらもどうぞ
同じレッスンを受けていても解釈が異なる?


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らはプロのダンサーであり、プロの先生です。言い方を変えるならば、実際に踊るプロのパフォーマーでありながら、ダンス教えるプロ、指導することのプロフェッショナルであるということです。

僕らは日々練習をして、ダンスを追求すべく時間を費やしていますが、その時間の大半はパフォーマーとして上達する為の時間となっています。


裏を返せば、より良い教師となるべく研究している時間は足りているのか?という話になります。もちろん自分がレッスンを受けることにより知識も増え、教え方の幅が広がることもあります。


ここで考えるべきは、相手にその情報が伝わっているのか?ということです。どんなに良いテクニックの話でも、相手に伝わらないと意味がありません。


ダンスの先生の中には自分の指導内容が、相手に伝わっているのかどうか全く気にしない人もいます。もちろんその方が良い場合もありますので、一概に悪いとは言えませんが。


ただ、教師としての立場から考えるならば、相手にどうやったら伝わるか考えていった方が良いと思います。


ちなみに僕らの先生は
先生「こうやってごらん」
僕「分かりました!こうですね!」
先生「うーん、、、ちょっと違う言い方に変えるね」


手のかかる生徒ですみません、、、と同時に、この先生に出会わなければ、僕もこのように考えることはなかったと思います。先生には、ダンスのパフォーマーとしての指導はもちろん、「指導の仕方」も指導してもらっています。


人によって響く言葉は違うから、その人にとって響く言葉を探していかなければならない。自分が生徒としてレッスンを受ける時は、この思想にものすごく助けられています。


自分が指導する時もみんなに響く言葉を探してレッスンしていけたら良いなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンスのレッスンの目的は?もちろんダンスの上達でしょう。自分のレッスンを受けてくれている以上、生徒さんには上達してもらいたいと思うのは普通のことです。


プロになった頃はとにかく「生徒さんをなんとしても上手にしてあげないと悪いなぁ」と思い頑張って指導していました。あ、今は頑張っていないというわけではないよ(笑)今は少し頑張り方を変えているということです。


多くの先生が「ダンスが上手になる=たくさんのステップが踊りこなせるようになる」とは考えていません。もちろん僕も同じです。ダンスの根本的な上達とは、地道なウォークや自身のバランスなど基本的な部分、ベースの改善が成されることだと思います。


そうすると、1週間に1回25分のレッスンを受けてくれる生徒さんを本当の意味で上達させるには、ステップの練習をしている時間はありません。来る日も来る日もウォークの練習することが最終的にダンスの上達に繋がると言えます。


誰にでも同じように上達してもらうことがレッスンする教師としての責任だと思っていました。で、ある時ついに「先生、私、そんなに頑張りたくないんですけど、、、、」と言われてしまいました。


生徒さんのニーズを理解するという過程が抜けていたことが原因でした。例えばダンスパーティーで踊れるようになりたい人と競技会で勝ち上がりたい人では目的が違います。競技会で勝ちたい人もさらに細かく分類でき、1年でA級になりたい人とB級の一次予選を通過できるようになりたい人とでは、やるべきこと、頑張らなければいけないペースなどが変わってきます。


目的に合わせてレッスン内容や強度を見極める、これも教師にも求められる重要なスキルだなーと思います。


こちらもどうぞ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ