社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:知識

今日は日記なので暇な人だけどうぞ。
先日、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」を観ました。僕らの好きなマーベルシリーズの一つ。見るのは確か4回目くらいかな?この映画自体は昔の作品なのですが、続編や他のシリーズにも同じキャラクターが出てきて掘り下げられています。


初めてこの映画を見たときは普通に面白かったなという程度の感想でした。感動シーンはあるけど泣くほどではないかな、という感じ。でも今みたら冒頭5分で泣けるという恐ろしい映画です(笑)泣けるシーンが多すぎる。


最初に僕がそこまで感動しなかったのは、キャラクターの背景を知らなかったからなんですね。(まぁ正確には明かされていなかった。2017年、2018年、2019年に公開された3本の映画でさらに掘り下げられました)


実はダンスにも同じようなことが起こる場合があります。大学でダンスをはじめた時、先輩はみんな上手に見えました。初めて応援に行った試合で僕の大好きな先輩が全東北の試合で準決勝で終わった時、なぜ優勝できなかったのか理解できなかった。


そのことを先輩に言うと「いや、今の俺じゃまだあの人には全然勝てないかな。」とのこと。そんな弱気でどうするんですか!と思ったけど、当時の全東北のチャンピオンはそのすぐ後の全国大会で全日本チャンピオンに。


今思えば当時3年生の先輩が4年生の全日本チャンピオンに勝つのはかなり厳しいよね(笑)その後、自分が2年生、3年生と成長し、ダンスの技術や知識がつけばつくほど、当時のチャンピオンが如何に凄かったのかということが分かってきました。


もちろん知識のない状態で見てもカッコよかった。でもなぜカッコイイのか?自分よりも何が優れているのか?そうなる為には何をどれくらい努力しなくてはならないのか?ということが自分が上手くなるにつれて分かってきます。


2年生くらいまではコツコツ練習していればいずれ超えてみせる!と思っていたけど4年目は卒業までに自分がそのレベルまでいく方法は果たしてあるのか?と考えて絶望していましたね(笑)


自分が習得して、初めて見えるようになることも多いような気がします。これができるようになった!これであの選手に1歩近づいたぜ!と思ってその選手のダンスをみると当然のようにもうできてる(笑)


さらにこれもできるようになったぜ!となってその選手をみるとそのこともやっぱりできている。全然追いつけないやんけ!!自分が上手くなればなるほど、相手が何歩先にいるのか、どんなに遠いところにいるのかということを認識することがあります。


自分がダンスをのことを知れば知るほど、憧れの選手の凄さを実感する。自分の見る目と技術が上がったということは喜ぶべきことです。反面自分の100歩先を行っていると思っていた選手が、本当は500歩先を知ることになる。映画より泣けるね(笑)でも現実を受け入れながら頑張るしかない。


単純にダンスを見ることだけを考えると、これは映画と同じでダンスのことを沢山知っている方が楽しめると思います。


「え?あのステップをこんなタイミングの取りかたで踊るの!?」
「私の知ってるベーシックステップにあんな踊り方があるなんて!」
「あの選手のこと好きすぎて全部ステップは覚えてるけど、いつもと違う感じで踊ってる!」


全部知識があるからできる楽しみ方ですね。マーベル映画と社交ダンスは没頭すればするほど底がないほど深く、どこまでも楽しめるます。


こちらもどうぞ
MCU作品と社交ダンスのレッスン
アベンジャーズ、エンドゲーム(2回目)
ドラクエと競技ダンス

ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンスだけに限らず、しっかり考えて練習するということは非常に有効です。今の時代、ネット上のレッスンビデオ、雑誌やブログ、SNSなどで多くのダンスの情報を得ることができるようになりました。対面でのレッスンと違い直接コミュニケーションをとることができないというデメリットはありますが、簡単に安価、もしくは無料で手軽に情報を得ることができます。


自分で考えて練習して、自分自身で様々なことに気が付いていくことは非常に重要です。その反面、これには非常に時間がかかります。時間という点で考えるとコスパが悪い場合があります。


雑誌や動画も含めて全てのレッスンは、その先生が今まで培ってきたダンスの片鱗に触れることができます。場合によっては10年~20年かけて先生が得た知識を1時間程度のレッスン動画に上手くまとめてくれていたりします。


もちろん動画を見ただけで完全に理解することは難しいです。また、理解することと実際にできるということはまた別のお話。実際に再現するには正しい理解と練習が必要になります。


それでも、様々な情報を集めるということは自分のダンスの幅を広げるのに非常に有効だと思います。なぜならダンスに正解はないから。世界のファイナルに入る選手たちを比較しても踊りのタイプが全然違います。


色々な考え方を聞くチャンスをどんどん集めていくのが良いと思います。今の自分には役に立たない情報もあるかもしれません。でもいつか、そのアイディアと何かが繋がることがあるかもしれません。手軽に情報を得ることができる便利な時代です。どんどん有効に使っていきましょう。



こちらもどうぞ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的にダンスのレッスン料金は先生の級で決まっています。個人的にはどうなのかと思う部分もあるのですが、それが現状です。ちなみに僕がプロに成りたての頃のレッスン料は25分2500円。ダンス教室は歩合制なのでこれでは生活できなかったので貯金を切り崩して生活していました。ダンスの教師試験に合格してやっと3000円になりました。


ちなみに今は知識も経験も増えて4160円となりました。(個人的にはもう少し上げたいくらいの気持ち)で、今になって当時のレッスン料が妥当だったのか?ちょっと考えてみます。


・ダンス技術・知識について
特にスタンダードは知識も技術も浅い。2500円はラテンはまだしもスタンダードは高すぎ。


・伝え方
特に勉強していなかったし、それが重要ということも考えていなかったので、伝わり方にはムラがあったと思われる。


このままでは僕がボッタクリ教師だったということになってしまう!料金を決めたうちのオーナーが悪い(笑)


ここで、今の僕になく、当時の僕にあった付加価値について考えてみます。それは「若さ」です。これは昔は気づかなかったことですね。それだけ年をとったということかな(笑)


ダンスのレッスンは相手と組むことになるので同じ料金ならばより若い方が良いという方も多いです。またルックスが良い方がもちろん売れます。個人的には需要があるならば、この辺りは自身を持って割増しても良いのではと思います。


例えばレッスン料は2500円だけどイケメンなので500円増しとかどうかな?好みの顔じゃないから割り引きしろ!と言われたら困るけど(笑)


まぁそれは冗談だけど、若いからといって必要以上にレッスン料を値下げするのは良くないと思います。僕もプロ1~2年目は極貧生活で、社会人の時に貯めたお金が尽きた時は本当に大変でした。自分に投資したくてもできない。


若いプロになりたての先生はオーナーや先輩、お客さんにも「技術や経験がないからレッスン料は低くて当然」というように言われている方も少なくないでしょう。みんなにそう言われると自分のレッスンには価値がないんだ、、、、と考えてしまいがちです。そうなってくると、レッスンでお金を支払って頂くことに何となく後ろめたさを感じてくる。その状況では決して良い仕事はできないと思います。


技術不足や知識不足は若さでカバー!自分のレッスン料に自信を持ってレッスンすると生徒さんも増えてくるのではないでしょうか?!と昔の自分に教えてあげたいね。



こちらもどうぞ




    このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンスを教わる上で避けて通れない中間バランス・センターバランス。僕自身ダンスの上達と共にこの言葉の理解度が深まってきていると感じます。と同時に初めの頃の理解がいかに浅かったか、、、(笑)

・学生の頃
中間バランスを保つ練習がありました。前後に脚を開いて前の脚はヒール、後ろ脚はボールでバランスを保つという練習です。プロの先輩に「この練習は無意味だから辞めなさい」と言われました(笑)  


この頃は意味もわからず練習していましたね。とりあえず中間で立つことが大切だと思っていました。なぜこの練習の意味がないかと言うと、ダンスにおいてその状態で長時間静止するというケースがあまりないから。


・プロになってから
動いている間にセンターバランスを通過するということが大切と理解しました。中間バランスとはボディよりも脚が前に振り抜けている状態。ボディが脚を越えすぎてしまうと脚が前に出せなくなってしまいます。


同じ言葉なのに「センターバランス=静的バランス」から「センターバランス=動的バランス」へと理解が変わりました。


同じ言葉でも習えば習うほど理解が深まっていき面白いですね。



こちらもどうぞ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンス教室によって異なるとは思いますが、うちのスタジオはレッスンの仕方の研修というものはありませんでした。もちろんダンステクニックや知識については教えてもらえます。しかし、「知っている、できるということ」と「教えることができるということ」は全く別ものです。


うちのスタジオに限らず基本的には「見て覚えろ」というスタイルのお教室が多いのではないでしょうか?はじめはオーナーや先輩のレッスンを真似をしながらレッスンの仕方を覚えていきました。


前職があまり人と接する仕事ではなかったこともあり、最初のレッスンは非常に緊張した記憶があります。ダンスの知識も今より少ないですからね。生徒さんには悪いですが、正直、なんとかやり過ごした感がありますね。


アマチュアからプロになりダンスについて勉強できる機会が増えるとレッスンで様々なことを生徒に教えることができます。ダンスを踊るのに重要な要素も分かってきます。自分のスキルも上がって、以前までの踊り方は十分でなかったことにも気が付きます。


自分が得た素晴らしいことをみんなにも教えなきゃ!と頑張っていたのですが、どうも生徒が増えない、、、、、スキルも知識も増えているにもかかわらずです。


実はこの「教え方」の重要性に気がついた時に生徒が急に増えました。もちろん様々なタイミングもありますので、これが原因とは一概に言えませんが。


どうやったら生徒に伝わるのか?理解しえもらえるのか?再現してもらえるのか?この部分を考えることが大切だと思います。で、この部分は生徒によってそれぞれ違うので応用力を高めていく必要があります。レッスンの数をこなす必要もあるでしょう。引き続き研究していきたいですね。


こちらもどうぞ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ