社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

タグ:間に合わない

チャチャチャやサンバなどアップテンポな曲はのっていきやすい反面速く感じることもあると思います。基本的には音楽のスピードに文句をいうことはできないですよね。どんな場合でも自分を変えることにより対応していく必要があります。


人間の感覚は体調によっても左右されやすいので、音楽が早いのは気のせいの時もあります。
マト「今日の試合、曲速くない?」
アヤ「え?遅いと思うけど?」
マト「、、、、、、、、、」
なんて日もあります(笑)


実際に音楽のテンポが速いのか?自分の調子が悪くて速く感じるのか?真相は分からないけど、いつもより早い、早く感じるという現実に対して対応しなければなりません。


・歩幅の調整
まずはこれを見直してみましょう。音楽のスピードと歩幅は相関関係にあると考えて良いと思います。歩幅が大きくなり過ぎると音楽に間に合わなくなります。


例えばいつも同じ歩幅で練習し、本番も全く同じ歩幅を出そうと思っても上手くいかない場合があります。もし当日の音楽のスピードが普段練習している時よりも速い場合、その歩幅で踊るのは非常に難しくなると思います。


当日音楽のスピードを確認し、今の自分の実力ならばどのくらいの歩幅が適切か考える必要があります。


・止まっていないかどうか?
これは特にラテンで多いかな。例えばチャチャチャのニューヨーク、サンバのボタフォゴ、パソのツイスト。どのステップも滑らかな動きの中に印象的な形、ラインがあります。ポーズとまではいかなくとも、動いている中でもカッコイイ形が決まっていると良いよね。


ただ、ラインを意識しすぎて身体がその場に留まってしまうと音楽に遅れる可能性が出てきます。形をしっかり作りながらも、次に進む方向を狙っているかどうか?ということは大切です。


今日の曲はやたら速い、もしくは速く感じる、という時でも音楽のスピードを変えることはできません。自分自身の踊り方や意識を変えて対応していきましょう!


こちらもどうぞ
遅い音楽でばかり練習するのは注意が必要!
踊っていて余裕があるように見えるには?
音楽を引っ張ってみよう!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽の速さやステップのタイミングによって、できることとできないことがあります。「そんなの知ってるよ!」と思いますよね?ですが、自分のステップ・ルーティンの中だと意外と見落としているときがあったりします。


例えば歩幅!タンゴで考えてみましょう。スローカウントとクイックカウントだと使える時間はスローは2拍、クイックは1拍。なのにスローカウントと同じ歩幅でクイックカウントを踊っていたりしませんか?同じ歩幅だとクイックカウントは音楽に遅れてしまいます。これはよくあるミスですね。


あるいは、アームアクション。ゆっくりな曲だったら大きく円を描くようにアームを動かしてたくさんストレッチできると思います。良いダンスを目指すなら、できるだけストレッチした方がいいです。


でも曲が速かったらどうでしょう?同じ軌道を通ってしまうと曲げた腕を伸ばすだけで時間が経ってしまい体幹部分まで伸ばせない…。じゃあ、音楽が速い分、腕の軌道をもっと早く伸ばせるように調整して身体を伸ばす時間を確保しよう!!


という風にすんなり軌道修正&計算できればいいのですが、実際はなかなか難しいです。


ちなみに余談ですが、このステップ毎に使える音の長さの配分を専門用語でビートバリューと言います。「ビートバリューを考えて踊れ!」なんて怒られたらこのことです!


もちろん、踊りをレベルアップさせるためにはもっとスピードを出せないか?同じ時間の中でもっとストレッチできないか?など、チャレンジすることも必要なので今行っている動作が可能なのか自分で判断するのは本当に難しいです。


実際、「この動作ができないのは自分の努力が足りないせいだ!」と思って必死に練習しても

コーチャーの先生「その動きはこの時間内では無理でしょ!!」
麻戸・綾「えっ!!(無理なの!?)」

となることもあります。笑
なのである程度練習を重ねても改善できない場合は、早めに先生に相談しましょう。



こちらも読んでみてね~!
音楽に合ってない!と言われたら…音楽の聴き方・聞き方にはクセがある!






    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はタイトルどおり、「音楽に合ってない!」と言われてしまったときの対処方!です。
音楽に合っていないと言われてしまった原因は何でしょう?まずはそれを探しましょう!


原因はだいたい次のどれかになると思います


その1 音楽のカウントが取れない
その2 動作に一生懸命で音楽を聴く余裕がない
その3 音楽は聞こえているけど音より遅れる・早くなる


その1 音楽のカウントが取れない

カウントが取れない人は、まず一人でカウントを取る練習をしましょう。音楽を聴いて、踊らずに、カウントを取る練習をします。まずは音楽を聴いてカウントを取ることのみに集中しましょう。練習して取れるようになったら音楽に合わせて踊る練習に移ります。


その2 動作に一生懸命で音楽を聴く余裕がない

ここにあてはまる人は、さらに二つのタイプに分かれます。
ステップに慣れていない人と音楽を聴いて踊る事に慣れていない人です。

他の種目やステップでは、音楽に合っているのに一部分だけ遅れるという方はステップに慣れていない人です。音楽を基本的には聞いているのですが、新しいステップや苦手なステップの時だけ聞いていません。ステップに慣れていない人は反復練習が必要です。新しいステップなり、苦手なステップを部分でひたすら反復練習しましょう。
音楽の最初は合っているのだけど、途中からずっと遅れ続ける、もしくは早くなり続けるという人は音楽を聴いて踊ることに慣れていない人です。このタイプの人は、まずは簡単なステップで音楽に合わせてカウントを取り続けながら踊るという練習しましょう。できるようになったら、自分のルーティーンで同じ事を練習します。


その3 音楽は聞こえているけど音より遅れる・早くなる

ここに当てはまる人はカウントを数えていると自分の動作に合わせて都合よく伸ばしたり、早く数えてしまう人が多いです。音楽がちゃんと聴けているなら、ビートバリューを勘違いしている可能性が高いです。ビートバリューとはその音の使える時間の長さです。

オススメの練習は、ご自分のステップのカウントで音楽に合わせて足踏みする事です。音楽とカウントに合わせて足踏みできなかったら、移動を伴う実際のステップはまずできません。やってみると思ってもいなかったところで意外と時間がある!とか、こんなに早いならもっとステップの幅を小さくしないと間に合わない!など色々発見がありますよ~。自分達の練習でも細かいステップのところなど、たまにコレで確認してます。


あなたはどのタイプでしたか?原因を探って練習すると上達のスピードが早くなりますよー!一緒に頑張りましょう!


関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ