少し前の話ですが、12月10日、全日本学生競技ダンス選手権、通称「冬全」の応援に行ってきました。


僕の母校の弘前大学はどちらかというと毎年ラテンの方が良いのですが、今年はスタンダードの選手も強く、総合力は近年で最強だったような気がします。


前日スタジオでクリスマスパーティーがあり独協大学まで行くのには気力が必要でしたが、4年生の踊りを見て、見に来て良かったなと感じました。


結果は残念でしたが、4年生のどのカップルも準決勝に入ってもおかしくないレベルだったのではと思います。


image

これは僕が学生の時から感じていることなのですが、どうやってフロアで目をひくか?!ということが大事なのかなと思います。


僕が4年生の時、東北の夏の大会で優勝し、自信満々で夏の全日本に出場しました。


結果は1次予選敗退。何かの間違いだと思い何度も採点表を確認してしまいました(泣)


東北のフロアでは普通に踊って目立つ存在でも、全日本のフロアでは全く存在感がなかったのだと思います。


今回応援に行って、勝ち上がる選手ほどドレス、ヘアースタイルもしっかりと考えられていると感じました。自分が学生の頃はなんとなくで流行りのものを着ていたし、パートナーのドレスにもそこまでこだわりはなかったので好きなの着ていいよという感じでした。


弘前大学の子達も技術では負けていないので、そういったことで結果が変わりそうだなと思います。


IMG_2078


↑岸本先生と主将の星くん。今年の4年生は、彼らが1年生の時からよく付き合いがあったので卒部するのは寂しいね。社会人になってもぜひダンスを続けて欲しいです。



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら