競技会を観戦しているとき、よーく見るとそんな上手くない選手なんだけどなんか見ちゃう…とか、上手そう!と思ってジーっと見てみたら、あれ思ったよりも上手くない??なんて事ありませんか?


今回は、社交ダンス・競技ダンスが上手くなる!ではなく、競技会で上手そうに(ホントは上手くなくても(笑))みせる事を考えてみたいと思います。


本当に上手くなくったって、上手そうに見えるだけで、メリットはあります。審査員に予選で早めに見てもらえる!コレ、結構重要!!


競技会ではみんな、踊り始めが一番キレイな姿勢で、そこからだんだんと崩れ始めます。なので、一曲の中の早い段階で審査員に見てもらえれば、自分のいい姿を見てもらえる可能性が高まりますよね。


そういうわけで、競技会では、中身の伴わない、ハッタリでもなんでも、上手そうに見えたほうがいいわけです。ダンスの技術が付くには時間がかかります。もう競技会直前!という方はこういうちょっとした事も押さえておくと、あと1チェックに泣く、という事も減るかもしれません。


”上手そうにみえる”為には、上手いなーと思う選手の”踊っているとき以外”のフロアでの立ち振る舞いをマネしましょう!踊っているとき以外、ですよ。


例えば、入場。
既にキレイな姿勢は出来上がって歩いていますか?キチンとパートナーをエスコートしていますか?音楽が鳴り始めたからと言って焦って、走ってフロアの空いている場所を探すなんてこと、上手なダンサーはしません。ゆったりと歩いて入ります。場所なくなるのが心配でも焦った姿を見せるのはNGです。


フロアに入って曲がかかるまでの間もキョロキョロしたりしません。視線も自分のパートナーや観客に向けて集中しています。


退場も同様です。良い姿勢でキチンとパートナーをエスコートしながら&されながらフロアを後にしていますか?「あー終わった、終わった、疲れた~!」と緩んだ姿をしている人を良くみます。そのラウンドが接戦で点数をつけるのに審査員が苦労しているとき、退場も見られています。その緩んだ姿で最後の1チェックを取り逃しているかも・・・。


フロアでの立ち振る舞いが下手で、ダンスだけは上手いダンサーを私は見たことがありません。上手な人はみんな、踊る前から姿勢はいいし(というか、姿勢が良いのが普通になっている)、エスコートとかも普通にやっています。つまり、それができるだけで上手そう!に見えるのですね。


審査員の方もダンサーですから、上手なダンサーの立ち振る舞いをもちろん知っています。競技中、審査員が1曲に1カップルあたり見れるのはたった数秒です。フロアでは踊り出す前から審査されているのです。


踊り自体を良くするのは時間がかかりますが、立ち振る舞いは気をつけるだけですぐに良くなります。あと1チェックにいつも泣いている人は試してみてね!!



競技選手はこちらも読んでみてね!
背番号、ちゃんと見せていますか?
音楽に合ってない!といわれたら・・・
リードが通じない!その訳は、、、



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら