今までの話を簡単にまとめると、自分が選手として活躍するプロダンサーという面と、ダンスを教えるプロのティーチャーとしての面は全く異なるということです。もう少し詳しくみていきましょう。


教えるプロ、ティーチャーになるには、当然ながらダンスに関する専門知識が必要となります。極端な話ですが、競技会で勝ち上がるのには必要なのは「良いか?悪いか?」「美しいか?そうではないか?」ということ。知識の有無よりも結果を示すことが全てです。


教えるにはそれだけでは不十分で動作の言語化の能力が必要です。僕も常々思いますが、自分のしている動作の言語化って結構難しい。言葉の使い方一つで誤解されてしまう可能性もあります。相手に的確に伝える能力が必要です。


それに対して、プロの競技選手として成功する為に必要なのはやはり競技力。いくら知識を持っていても、自分ができないと意味がないですからね。プロ選手としてはここが最重要でしょう。そして本当に成功する為には、コネや人脈のような立ち回りも必要になってきます。


さて、果たしてプロの選手として生活していけるのか?ということを考えていきましょう。競技ダンスはマイナースポーツなので賞金だけでは絶対に生活できません。トップ選手はショーやデモンストレーションのゲストとして呼ばれ出演料の収入がありますが、それを足しても生活するには到底至りません。衣装代、自分が受けるレッスン代、遠征費などの経費もかなりの額がかかります。


つまり選手としてのプロとして活動するには、何か別の収入源が必要ということになります。プロの選手の中には、ダンスと全く関係のない仕事をしつつ、プロ競技会に出ている人も結構多いです。


現在、日本のプロダンサーの多くはティーチャーとしてのプロ、選手として(元選手で引退した場合を含む)のプロ、どちらも兼ねている方が多いですね。ダンスを教えつつ、競技会に出場するという形です。ただ、個人的にはこの方法だけがベストではないかもとも思っています。


そもそも全ての競技ダンスのプロ選手がダンス教師という仕事に向いている、と考えるのは無理があると思います。プレイヤーとしては最高だけど絶望的に教師に向いていない人もいるはず(笑)競技プロ=ダンス教師にこだわる必要はないのかな。


もう一つは単純に世間の情勢の変化。コロナウイルスの影響はダンス業界にも大きな打撃を受けています。今後の業界の流れも変わってくるかも。こちらは時間があるときにまた書こうと思います。