ダンスを習う時はワン、ツー、スリー、フォーとカウントを数えて覚えますよね。
最初はそれが必要だと思いますが、段階を踏んでステップアップして行けると良いですよね。


①音楽を外してしまう人、取れない人
このタイプは「声に出してカウントを数える」必要があります。しかし、このタイプの人はこちらが「声を出して数えて」と要求しても、再現することができません。
途中で声が聞こえなくなったり、ずれてきてしまいます。声を出して数えて外れてしまうのが恥ずかしいのかもしれませんが、上達の為には声を出しましょう。そうやって失敗しながらできるようになっている方がほとんどなので、できないことは恥ずかしいことではないですよ!


②カウントを数えて踊ることができる人(ちゃんと音楽に合ってる)
ここが競技会の最低ラインですが、アマチュア(JDSF)のC級くらいだとまだまだ怪しい人もいます。カウントに強弱をつける練習をしてみましょう。例えば、ルンバのカウントを数える時は、2と4だけ大きな声で数えてみたり。最終的には頭の中で数えて声に出さなくても踊れるようになれると良いですね!


③カウントを数えなくても踊れる人
経験が長くなると、数えなくても踊れます。カウントに合わせるのではなく、音楽そのものにのせて踊るからです。良い踊りにする為にはこの状態になる必要があります。上手な人で数えて踊っている人はいないです。
ただしフィーリングに任せて踊りすぎると、逆に元のカウントが分からなくなるということも笑
もちろん数えることができる必要があります。数えることにより、新たな発見もあるかも。


今の自分のレベルに合わせて、上達していきましょう!
音楽シリーズこちらもどうぞ