ダンスに優劣をつけるのは非常に難しいですよね。特にテクニックを見分けるには専門性が必要になってきます。少しダンスをかじったことのある人ならば何となく勝敗を予想することもできると思います。しかしダンスに全く触れたことのない方には優劣が判断できないでしょう。


そんな中でダンスの経験がない方でも「あの人が優勝かな?」と結果をピタリとあててしまうことがあります。何が良くて何が悪いのかはっきりと分からなくてもその選手を選ぶのですから、それだけフロア上で輝いて見えるということです。


そういった選手は技術が高いのはもちろんなのですが、それだけでない場合が多いです。見えてくる理由は様々だとは思いますが、その要因の一つに「はっきりとした強い意思」というものがあるように思えます。


音楽に対して、パートナーに対して、観客に対して、自分自身に対して、「自分はこうやるんだ!」という強い意思を持って踊っている人はフロア上で目立ってきます。自分でも何をやっているのか分からない、、、という状態では、見ている人に伝わるはずがないですからね。


たまに全然技術はないにのに何故か目に飛び込んでくる選手っているんですよね。そういう選手は踊りから意思が見えることが多いです。この部分っに関してはテクニックとはまた別のお話なのかもしれません。(もちろんそう魅せる為のテクニックもあると思います)


こういう要素をオーラと呼ぶ先生もいらっしゃいます。スピリチュアルで非科学的ですよね。僕自身、こういった類のものは普段はあまり信じていないのですが、ダンスにおいてはオーラとしか呼べないような何かを感じることは多いです。


競技ダンスは単純に技量が高い方が勝つという訳ではないので、こういった要素の研究も必要となってきます。ただ、この手のお話は今のところ正解がないので難しいよね。とりあえず、自分がどう動いて、どう魅せたいのか、ということを考えることから初めてみましょう



クリックお願いします

社交ダンスランキング


こちらもどうぞ