僕らのメインコーチの先生は日本人です。しかし日本人以外の先生にも習います。外国の先生が日本に来てくれたり、僕らが海外へ受けにいったり、、、
台湾、韓国、アメリカ、イギリス、イタリア、ドイツ、、、いろんな国の先生に習ったことがありますが、すべて英語でのレッスンになります。


もちろん英語でのレッスンです。もちろん英語は話せません。日本語混じりの英語で頑張ってコミュニケーションをとります。最初の頃は非常に緊張しました。


しかし、実は結構日本人慣れしている先生も多いのです。レッスン中にちょくちょく日本語を使ってくる先生もいます。しかし、英語の中に絶妙にカタコトの日本語が入っていると一瞬分かりません。


1、「オトメテキデショ」
綾先生が言われたけど一瞬なんだか分からず?「乙女的でしょ」でした。乙女って久しぶりに聞いたわ!

2、「ナンデダローナンデダロー」
懐かしいネタキタ


3、「オオサカノオバチャーン」
誰が教えたんやこんな言葉


聞き取ることに集中して、やっと聞き取った言葉がオオサカノオバチャーンだった時は、、、、こうならない為にも英語を勉強して、余裕で会話できるようにならないとなぁと思います笑。


こちらも見てね!