ダンスで避けて通れない動作のひとつに「回転」があります。
ダンスではターン(Turn)、ピボット(Pivot)、スピン(spin)、スイブル(swivel)、と様々な言葉で回転が表現されています。日本人からすると分かりにくく感じますね。今日はこの言葉を紐解いていきましょう。4つの言葉は全部回転を表現しています。


ターン→転回、回転して向きをかえること。ナチュラルターン、スリーステップターンなど。回転というより方向転換の意味合いの方が強い。一本の足で回るというより、複数歩で回る。


ピボット→何かを軸として旋回すること。スリップビボット、ナチュラルピボットターンなど。一本の足を軸としてクルっと回るような動作。1回転(360°)することは少なく、半回転(180°)すことが多い。


スピン→急速にくるくる回すこと。アウトサイドスピン、アメリカンスピンなど。ターンよりも急速な回転。


スイブル→旋回すること。アウトサイドスイブル、トーヒールスイブル。翻訳すると「自在軸受け」とあるが何のことやら?回転する椅子がくるっと回るような動作とのこと。ダンスでは前進して足裏がまわること。


スイブルもピボットも何かを軸として回転するということに違いはありませんが、ピボットはCBMPに足を保って踊ります。コンパスを動かすようなイメージかな。


英語って難しい、、、ダンス的な意味合いもあるので複雑に感じますね。




Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら