あらゆるスポーツで体の軸を感じることは重要だと思います。ダンスでも非常に重要です。僕も学生の頃は先輩に「麻戸は動いているけど、軸がないんだよねー」と良く言われました。あまりに言われすぎて、じゃあ結局どうすりゃいいんだよ!と思った記憶があります(笑)


可動範囲を大きくしたい→ぐにゃぐにゃになる
軸を強くしたい→動けなくなる


この繰り返しでしたね。軸って何なんだろう?と本気で悩みました。「軸を感じるんだ!」と言われても何だかよくわからず、、、、


もし昔の自分にアドバイスするならば、軸は感じなくても「背骨」として確実に存在するということを伝えます。


軸がブレている、弱い→背骨が安定していない
軸が進んでいない→背骨が進んでいない


とだいたい同じ意味と考え良いのではないでしょうか?背骨は首の骨(頸椎)、胸の骨(胸椎)、腰の骨(腰椎)から構成されていますが、首から骨盤までなので、かなり長い感じがするはずです。その長さを保ったまま動くことができれば、軸も安定して見えるはずです。


正確には背骨は体の中心ではなく後ろ側にあるので、本当のセンターとは言えないですね。しかし体の中にある見えないものを感じるよりも、実態のある背骨の方がより感じやすいと言えると思います。軸で悩んでいる人は、背骨を長くして動くことを気を付けてみて下さい!


こんな記事もあるよ


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら