同じ先生に個人レッスンを受けている生徒さんが集まって習ったことの復習をしていると不思議なことが起きることがあります。


Aさん「ウォークの時は、骨盤をもっと前に出さなきゃいけないらしいわよ!」
Bさん「えっ?私は後ろに引くようにって習ったわよ!」
Cさん「私にはもっと右って、、、、」


先生は本当に適当だなぁ、、、、とは思わないでね。人それぞれ体格、癖、性格、全部違います。特に個人レッスンではその人それぞれに合ったやり方で指導します。例えば骨盤を真っすぐにして立てて欲しい場合、


骨盤が後ろに引けているAさん→前に出す
骨盤が前に出ているBさん→後ろに引く
骨盤が左にはみ出しているCさん→右へ


それぞれアプローチの仕方が全然違うんですね。ここが個人レッスンの良いところです。グループレッスンでは一般論で「骨盤を立てましょう」という方法を一つ示すことになります。でもその為の方法は十人十色。その人の普段の身体や動き方の癖によっても左右されます。


再現する為に必要な動作は人によって異なってくるのは当たり前なのです。他人の注意点が必ずしも自分に当てはまるわけではないので注意してくださいね。



クリックお願いします!

社交ダンスランキング


こちらもどうぞ
レッスンは厳しい方が良い?
レッスンをお得に受けるヒントその①
同じレッスンを受けていても解釈が異なる?


神奈川県鎌倉市大船の社交ダンス教室
Mato Ballroom Dance Club

麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら



社交ダンスランキング