前回はこちらから
前回は日本人と西洋人の「普通の歩き方」が違うというお話でした。


今回は「西洋人の普通」で歩けるという前提で考えてみましょう。ダンスの「歩く」には「前進」と「後退」があります。前進は普通に歩くと言えるでしょう。しかし後退はどうでしょうか?


後退という動作は日常生活ではなかなか使いませんよね?もし道を後ろ歩きで歩いてる人を見てしまったらそっと目をそらしてしまいます(笑)そもそも後退自体が「普通」ではないのです。普段しない後退を習得するには練習が必要です。「普通に後退」する為にはそれ相応の練習が不可欠なのです。


同様にシャッセのような「横」に歩くのも普通ではないので練習が必要です。


つまり普通に歩くはといっても、前進以外は普段全く使わない動作なのです。ダンスを初めて間もない頃は「普通に歩くだけって言われるけど、なんでできないんだろう、、、」と悩むことがあると思いますが、その必要は全くありません。前進以外は「普通」の動作ではないのですからね。


結局必要なのは、「後退」「横」など、「普通」でない動作を習得です。はじめはできなくて当たり前!どんどん練習していきましょう!


そのほかの記事