スタンダードを踊る際に多くの人が

「膝を曲げなさい!!」「膝を使って!」

と言われたことがあると思います。言われた通りに一生懸命ヒザを曲げたのに、なんだか上手くいかないし、見た目もいまいち、、、ということはよく起こります。


気をつけてなくてはいけないのはヒザを曲げるということは「手段」であって、「目的」ではないということ。


例えば競技会のワルツにおいて重要なことの一つに、より大きく綺麗なスイングの軌道を描くことが挙げられると思います。膝を曲げるのはスイングを綺麗に描くための手段に過ぎないのです。


大きなスイングをする為には脚を開いていく必要があります。当然のことながらヒザがぴんぴんに伸びた状態では脚は大きく開きません。従って「膝を曲げなさい!!」ということになるのです。他の人よりもヒザをたくさん曲げたから競技会で勝てる!というわけではなく、他の人よりもより良いスイングをするから競技会で勝てるのです。


パーティーの際も同様に重要で、相手に動きを伝える上で膝は重要です。ただし、膝が曲がる=リードではないということに注意する必要があります。膝が伸びている状態から曲がる、というような状態ががリードとして相手に伝わります。ここでも膝が曲がるということは相手にリードを伝えるという「手段」となっています。

いずれにせよ、膝を曲げても脚が開いていなければ効果的ではない場合も多いです。一緒におどる時に、膝の曲げ具合と脚の開き具合の辻褄が合わないと逆に踊りにくくなってしまいます。

練習の際には「ヒザを曲げる」ことが手段ではなく、目的になってしまわないように気を付けなくてはいけません。あくまで「良いスイングをする」「相手に伝える」ということを実行する為の方法だと考えましょう。

ちなみに「ヒザを曲げる」の部分を「ロアー」に変えても同様のことが言えます。こちらも注意ですね。



膝シリーズ!以下もどうぞ

膝を曲げるの意味
膝が伸びない原因は?
膝が伸びない原因は?~対策編~ニーバックすると膝が痛い人へ


Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら
麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちらレッスンのご予約はこちら