調子はその日によって異なる。自分の練習でも感じるし、生徒さんのレッスンをしていても感じます今日は左に傾いてるなーとか、あばらが開き気味だな、とか毎回微妙に違う。みなさんも「今日はなんかバランスがいい!」と言う日も「うわー!調子悪いっ!」と言う日もあると思います。


普段の練習だけでなく、日々の生活も左右してきます。例えばデスクワークが多いと身体が固まって動かしにくくなりますし、普段運動をしていないと当然筋力は落ちて身体は動きにくくなります。


意外と自分の身体の変化には気づきにくいものなのですが、自分の身体のバランスや疲れ具合の変化を把握する能力が高い人の方が上手になりやすい気がします。


信じられないかもしれませんが、こちらからみて身体がかなり動きにくそうなのに「今日はわりと調子がいい!」とおっしゃる方もいます。これは感覚と実態にズレがある状態ですね。


毎回、今日の自分の調子を観察するのがおすすめです。調子が悪くてもなるべくいつも同じになるようにエクササイズ・ストレッチをして調整していけると良いですね。


その日の調子はシンプルな動作でチェックすると良いかな。練習の最初にシャドーでウォークをしながら自分の身体を観察してみましょう。


練習メニューが同じだと飽きてしまうかもしれませんが、ウォークなどの決まった練習を最初にやることで自分の身体の変化に気づきやすくなります。自分の調子が分からないまま組んで踊ってしまうと自分のバランスが悪いのか、相手のバランスが悪いのか、位置関係が悪いのかが判断できずケンカの原因となるます。


生徒さんにも最初にエクササイズをしてもらって、その日の身体の調子を見て少し歪みや身体の凝りを解消してから踊っているのですが、やはりエクササイズをしてから他の技術の練習に入ったほうがスムーズに動く事ができます。


最初の頃は自分の身体のバランスやその日の調子をあまり上手く把握できていなかった生徒さんもだんだんと続けているうちに、今日の自分の正確な状態を判断できるようになってきました。今日はここが伸ばしにくいからいつもよりもたくさん伸ばすつもりでちょうどいい!と自分で自発的に調整できるのは大きなメリットです。


普段よりもバランスが悪いことに気づかずレッスンを受けて先生に注意される。こうやって修正していくのも良いでしょう。でも本番前に近くに先生がいるとは限りません。自分でバランスの変化に気づいて直せた方が確実ですよね。自分のバランスを把握できるということは武器になります。


みなさんも日々、身体のバランスをチェックしてみてはいかがでしょう?新たな発見があるかもしれません。


こんな記事も!



Mato Ballroom Dance Club
麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら