様々な先生に習う機会がありますが凄い先生方に総じて言えるのは、ものすごい目の力があるということ。この間も先生と視線の話になりました。レッスン中に突然先生が「ちょっとあのカップルを見てみて!」と。


僕は「あーあの韓国のカップルか。昨日の夜の練習会でも目立っていたなぁ。体が良く動くなぁ、、、」


僕はまず顔をみて韓国のカップルだと認識し、それからボディの動きをみて、それから脚部の動きを見て、、、、、


先生が言うにはジャッジも似たような感じで、まず顔、というか上半身をパッとみて、それから下半身の動きをみてというようにチェックをしていくのが通常とのこと。顔を見た時に自信がなさそうだと、もう見ないよ!と言っていました。


身体の動きを考えるとついつい目線や顔が下がってしまいがちですが、視線や顔の位置を変えずに身体を動かす練習が必要ですね。


表現について、その他の記事もどうぞ!