社交ダンス、競技ダンスの面白さは色々と挙げることができます。あえて一つあげるならばと聞かれた時に「2人で一緒に踊ること」と回答する人は少なくないと思います。


パーティーならば、自分がリードしたものに相手がどうフォローをしてくるか、相手からどんなリードがきて自分はどのようにフォローするか、というような相手とのやり取りを楽しむことができます。


競技会ならば見た目が重要になってきます。二人で踊ることにより一人では出せないパワー、相手のウエイトやタイミングのずれなどを利用し大きな力を生みだすことが可能です。


というように二人で踊ることが重要、そして楽しいことであるということを僕らは知っているはず。なのに、何だか一人で踊ってる若しくは相手のことを無視して踊っているように見える人っていますよね。これはなぜ起こるのでしょうか?


「俺はこういうリードをしているのになぜそう動かないんだ?!」
「あなたのリードを待っているけど何もリード来ないんだもの。」


これはケンカあるあるですね(笑)解決策は色々なレベル、状況があるので一概にはこれだ!!とは言えません。でもこれは不思議なことにテクニック的に大きな問題がなくても起こることがあるのです。


「心が相手と一緒に踊ろうとしているかどうか」


えー!急に感傷的な感じでどうしちゃったの?!いつもとキャラ違うんじゃない!?と思う人もいるかもね(笑)でも、これがあるかないかで「リード&フォロー」は大きく変わります。


例えば二人三脚をする時にいきなり全力疾走する人はいませんよね。相手の様子を見ながら速度を調整していくはず。走るときに、自分の心が相手にも向いていると言えます。でもダンスでは全力疾走しちゃう人いる(笑)ダンスに置き換えると


先生「身体をこう使えばもっと動けるようになるよ」(よりよい走り方の指導)
自分「なるほど!こうですね!うおー!動けるー!」(いきなり全力疾走)
パートナー「ギャー」(ついていけん、、、、)


という感じかな。もちろん自分たちの限界値を超えていくことは大切なんだけど、相手に伝えようとしないと伝わらないよね。先生に言われた通りに自分は動いている、なのにバラバラに見える、相手と会わない、という場合はこういう状態になっている可能性がありますね。


一生懸命動いているのになんだかバラバラに見えてかみ合わない、、というときは自分の内面と向き合ってみるとよいかもしれません。テクニックや習ったことに集中しすぎて気持ちが自分自身に向きすぎていないか?プレゼンテーションに気持ちがいきすぎて外に外にとなっていないか?


自分、外、相手、困った時はこのバランスを見直してみると良いかもしれません。



こちらもどうぞ
相手と自分は対等な関係
相手とのコネクションで気を付けること
シンプルなことは超重要



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾





麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら


麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのお問合せはこちら


ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら