ダンスの上達で重要なのは練習することです。自分で研究することは当然大切として、それと同時に誰かに教えてもらうと上達のスピードは上がります。部活やサークルの先輩、友人、知人、プロの先生など、様々な人のアイディアを借りて上達していると思います。


基本的にアマチュアよりもプロの方が指導力が高いはず。なぜ断言できないかというとダンスの技術力・知識量と、指導力は必ずしも比例しないと思うからです。「自分ができる」ということと「他人にわかりやすく教える」ということは全く別のテクニックが必要です。


もし仮にですが、自分よりもダンス歴の長いサークルの先輩と全日本チャンピオンのプロA級の先生が全く同じ内容の指導をしたとしましょう。(そんなことありえないというツッコミは無視します笑)


先輩「貴方のダンスはボディトーンが緩いよ。もっとトーンを強くして」
自分(トーン強くした方が良いのは分かってるんだけど、動きにくくなるんだよなぁ。まぁちょっとは強くしてみるか、、、、)


これがA級のチャンピオンの先生になると
A級の先生「もっとボディトーンを強くしましょうか。」
自分(こんなスゴイ先生がそう仰るのだからトーン強くしなきゃ!意識意識!)


というようにその人の肩書や背景により説得力は異なってきます。まぁこれはダンス意外でも当然起こることですよね。情報を選択する指標にもなっていると思います。


気をつけなくてはいけないのは「あの先生がそう言っていたからそうなのだろう」と無条件に信じきってしまうことです。僕自身習ったことに対しては真剣に練習していますが、なぜその動作が必要なのかということを必ず考えるようにしています。


「どうしてそのように動いているの?」という問いに対して「先生がそうやれって言ったから」という回答は良い答えとは言えません。あらゆる動作に対して、自分の意志で行う必要があります。


そうはいっても、全日本チャンピオンのような先生の指導は豊富な知識と経験に基づいているでしょうから高品質である可能性が高いというのは事実です、、、、と思わず書いてしまうように、肩書きの力は凄いのです(笑)


とりあえず2点、気をつけてみてみましょう。


・肩書きはなくても良い指導ができる人がいる。
肩書きがなくても良い視点でアドバイスをくれる人もいます。そこを聞き流さずに上手くキャッチしていきましょう。


・肩書きはあっても指導は下手な人もいる
自分よりも圧倒的に上手でも指導力がない人もいます。教える側にとってベストなやり方が、教わる側にベストとは限りません。


ついつい「何を言ったのか?」ということより「誰が言ったのか?」ということに注目してしまいがちですよね。肩書きはとっても強力ですが、自分の意思で選択することが大切です。



こちらもどうぞ