当たり前ですが、競技のプロ、先生と接する機会が多いので女性を大切にしている男性がほとんどのように思えてきます。もちろん現実がどうかは確認しない限り分かりません。しかし、少なくともみんなが見ている前ではマナーとして、そのような振る舞いをしている方が多いです。ある日、それが普通ではないということに気が付きました(笑)


例えば、自分のパートナーが重い荷物を持っていて階段を上がろうとしても持ってあげない、ドアを開けて待っていてくれない、、、、


この辺はダンスをやっている人ならば当然できた方が良いと思います。これがダンスの上達に何の関係が?と思うかもしれません。しかしエスコートする、されるということはボールルームダンスの醍醐味でもあるリードする、フォローするという行為の根本とも考えることができます。


そういった背景もあり、エスコートするという文化で育っていない日本人ダンサーが海外留学の際にキツく指導される場合もあります。もちろん僕も最初は意識しないと難しい部分もありました。


トップダンサーはもちろん当たり前にできていて、初心者はそういったことができない傾向があるように思えます。まず男性は、日頃からエスコートすることを心掛けてみるとどうでしょうか?そして女性もエスコートされることに慣れる必要があると思います。


男性は女性の重い荷物を率先して持ってあげる。女性は「いやいや自分で持てるから大丈夫」と思っても持ってもらいお礼を言いましょう。最初は恥ずかしいかもしれません。でもそれは日本にそういった文化がないから仕方がありません。少しづつ学んでいくことが大切だと思います。


日常からそういったことに慣れていくとフロア上での振る舞いがもうワンランク変わって見えるかもしれませんね!これは男女共に最初は大変なことかもしれませんが、上手い人はみんなやっています。ダンスの上達の為にも考えてみましょう!


こちらもどうぞ