女性の方に多い思い込みのひとつに「男性といつも一緒に・同じように動かないといけない」ということがあります。


日本では男性をリーダー、女性をパートナーと呼びます。(コレ、外国では違うようです。)リーダーである男性に合わせて女性は踊るという風にほとんどの方は最初に教わります。


『合わせて踊る』がいつの間にか『男性についていく』に変わってしまいます。本人は無意識なことが多いのですが『男性が動くと一緒に動く/男性が動かないと動かない』という女性は多いです。


これはテクニック的には正解のときもあるけど、マズイ場合が多いです。


ラテンの場合、特にバリエーションになると女性の方がステップの数が多いことがよくあります。ステップの数が違うのでまったく同じようには動けませんし、男性はステップがないので男性より女性のタイミングは早く・細かくなります。また、男性と離れて踊るステップのときは当然、リードの影響力は少ないです。


スタンダードでは回転するとき外回り内回りを考える必要があります。外回りの人はまっすぐ大きく進まないといけないし、内回りの人は相手の通り道を開け、歩幅や回転の量を外回りの人に合わせてあげないといけません。なのに、内回りと外回りの区別なく男性が大きく進めば女性も大きく進む、小さく進めば小さく進むと踊ってしまうと入れ替わりが困難になり上手く回転できなくなります。


男性といつも一緒に動くことをフォローと考えるのではなく、男性の動きに合わせて適切に動くことが大事と考えましょう。


一緒に動くときもあれば、交代でパワーを出すときもある。女性だけ多くステップすることもあるし、男性だけが回転して自分はまっすぐ進むこともある。ステップ毎に動きは異なるので、それぞれのステップへの理解が必要です。


理解が進むともっと女性が積極的に踊れる部分が増えます。何でも男性と一緒にやると考えていると合わせようと頑張っているのに男性にとって踊りにくい女性になってしまいます。


男性と同じ動きではなく、異なる動きをすることが良いフォローのことも多いです。相手と上手く踊れないと思ったら、まずは自分の動きが正しいか見直してみましょう。


こちらの記事もどうぞ!
日本のダンス界はリーダーが偉い問題~その①~