ダンスが早く上手くなる人の特徴として、見る目があるというのもひとつの特徴だと思います。同じレッスンを受けていても大事な点をしっかり押さえて早く上達する人もいれば、全然見当違いのところに着目してしまいレッスン内容をあまりものにできない人もいます。


見る目を養うにはどうしたら良いのでしょう?画期的な方法があれば私も知りたいです。自分が思う方法は、最初はとにかくいろんな人の踊りをいっぱい見ること!


YouTubeで検索すると日本人ダンサーや世界のトップダンサーの動画がたくさん出てきます。Instagramも魅力的。海外競技会の動画だけでなく、練習の動画まで見られます!


あとは練習場、スタジオ、サークルなどの休憩中、他の人をこっそり観察。たくさん見ると何となくいろいろなことが見えてきます。


この人は上手い!と思う人、下手な人。好きな人、嫌いな人。まだ下手だけどなんかあの人の踊り好き!ってなることも。


たくさん踊りを見たら、なぜそのダンサーを上手いと感じるか?なぜ下手だと感じるのか?どうして好きなのか、嫌いなのか、理由を考えて見ましょう。


例えば、音楽にすごく合っていて、シルエットもすごくキレイだから上手い、とかラテンなのに膝が曲がりっぱなしだし、音楽が外れてるから下手とかね。このダンサーはすごくパワフルなダンスでテクニックもスゴイけど、自分はキレイでエレガントなこっちのダンサーのほうが好き!とかあるよね。


あとは上手いダンサーが自分に足りないものや自分も知ってる技術をどのくらいやっているか観察するのもいい。例えば、スタンダードのレッスンでもっと脚を開いて距離を出す!というトライをしていたら、トップの人達はどんな感じかな?とみてみる。だいたい、トンデモない幅やってる!(笑)それを見たら自分が全然やってないことも自覚できます。


あとよくやるのは、アマチュア競技会の応援に行ったとき!これは主に下位級の方が勉強になるんだけど、いろんな級の試合の順位予想&そのセクションの推しダンサー選び。自分の順位予想で上位にしたダンサーやこの人が推し!と思ったダンサーのどこが良いと思ったか考えるのがとても勉強になります。


下位級の選手はまだ発展途上で人によって良く出来てるテクニックもあれば、おざなりになってるテクニックもあるし、テクニックはぶっちゃけあんまりないんだけどよく動く、とか雰囲気がとてもいいダンサーなんかいたりします。


『この人、いいな!』と思うときはだいだい直感的なんだけど、彼らのどんな部分が良く見えるのか長所と短所が見えやすいのでわかりやすい。級があがってくると、ある程度のテクニックはみんなできているので、どの要素がそのダンサーをいいと思わせたのか分かりにくいんだよね。


とにかく、見る目をつけたい!という方は動画や競技会をたくさん見てみて、そしてちょっとだけなぜそう思ったか?ということを考えてみてね!


こちらもおすすめ!