先日、グレン・バイス先生のレッスンを受けてきました!


レッスン中、「ホールドは手、フレームは腕。フレームは作ってるけどホールドしてない。ちゃんと手で持って。(意訳)」という注意をされました。


終わったあと二人で
『英語圏の人は「hold」という言葉を聞いただけで、もう最初から手で持つイメージができてそうだよね~。』『日本人だと、「ホールド=社交ダンスでお相手と組むときの形」ってカンジで最初に覚えちゃうよね、英語圏うらやましい!!』
という話になったので調べてみました。


英和辞書で引いてみると


hold
<人・物を>(手・腕に)しっかりとつかむ、持っている、握る、抱きかかえる、抱きしめる、<人の>(手・腕などを)しっかり持つ・握る


という意味が一番最初に載っています。


しかも、『手で「しっかりとつかむ」という意味を中心にして,「しっかりと保つ」という持続的な確保の意味が全体に広がる』と書いてありました。


「hold」という言葉自体に「しっかりつかむ」という意味があるなら、そりゃちゃんと女性の肩甲骨も持つよね~!


今はあまり言われなくなりましたが、最初の頃はグレン先生のレッスンでは組んでもらう時に「Hold me!」と麻戸先生が言われるのが恒例でした。あまりに言われるので、その後の練習でモノマネしてたくらい。(笑)


ちなみにフレームは


frame
(窓・絵・戸などの)枠、額縁、(鏡の)縁


という意味。自分達含め、なんとなく日本ではみんな「ホールド=枠」というイメージになっているみたい。言葉のイメージって大事。イギリス発祥のダンスだから、たまには英語のお勉強もしなきゃですね!




関連記事もみてね~!