社交ダンス界でまことしやかに言われていること。『男性は女性の3倍大変!』という説。あなたも聞いたことありませんか?社交ダンス界のことわざみたいなものですね。


ちなみにこれは性別というよりは役割の問題だと思っていて、同性同士で踊ることもある昨今のスタイルに合わせると「リーダー(リードする人)はフォロワー(フォローする人)の3倍大変!」ということになるんだろうというのが僕の解釈です。


今回はことわざ通りの言葉で『男性は女性の3倍大変!』について考えてみましょう。実際に僕の生徒さんに聞いても「そうそう、男性はリードしなきゃいけないから大変!」「いやいや、女性の方の方がヒールを履いているから大変!」など色々な話を聞きますね。


結論から言うと「初期の段階において」男性は女性の三倍大変は事実かなと思います。


なぜなら男性がそれなりに踊れるようになるには


・音楽
・ステップ
・方向


を自分で作り出さないといけないからです。


・自分で音楽を
とってダンスをスタートさせなくてはいけない
・自分が次に踊るステップを決めて、実際に踊らなくてはいけない
・自分でステップの方向を決めなくてはいけない。


「自分が」「自分で」というのがポイントですね。これは結構大変です。僕も沢山失敗をしてきました。


・音楽が取れなくてスタートできない
・次に何をするのか迷って止まってしまう
・逆走してしまう。逆走すると頭では分かっていてもどうにもできない。


これだけでも大変なのにリードもしなきゃいけないからね。


一方、女性はリードを受ける側です。リズムに合わせて前進、後退の体重移動を行うという原則を学べば


・音楽が取れなくても、カウントがあいまいでも男性に合わせれば、ある程度踊れる
・ステップをしっかり覚えていなくても、ある程度踊れる
・方向が分からなくても、男性についていけばある程度踊れる



リードがあれば自分の動きが多少不安だとしても、ある程度は踊れる可能性が高いです。
ここまでは初期段階。では今度はもう少しレベルを上げて考えてみましょう。


まずはスタンダード。ハイレベルになると女性のシェイプはどんどん大きくなっていきます。このシェイプ量は男性よりも大きいです。そして歩幅も大きくなっていきます。内回りと外回りの違いはあれど基本的に同じくらいの移動量を要求されるということは、脚の長さや筋力などのフィジカル面を考慮するとかなり大変なはず。


ラテンはもっとあからさまで、ハイレベルになると男女のステップの数が明らかに異なる。男性はステップなしだけど、女子はそこで6歩踏んで、、、なんてことが頻繁に出てくるよね。単純に女子の運動量が上がってくる。


ここまでくると、男性は女性の3倍難しいか?と言われるとそうとも言い切れません。それどころか女子の方が難しいのでは?!という感じですね。


まとまめると、「初心者男性は初心者女性よりも3倍大変と言えるが、技術が向上するにつれて差は埋まっていき、最終的にはどっちも大変」


ということで、女性へのお願いとしては


初心者の男性と踊る時は覚えることが多くて大変なので、上手く踊れなくても優しくしてあげてね!


男性へのお願いとしては


女性はシェイプがきつかったり、ステップが複雑だというこを考慮に入れて優しくしてあげよう!


結論!!どっちも大変!!



ランキングクリックしてね~↓

社交ダンスランキング



こちらも見てね~!



神奈川県鎌倉市大船の社交ダンス教室
Mato Ballroom Dance Club

麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら



社交ダンスランキング