社交ダンス教室の生徒の年齢層は60代~70代と高いです。その中でも男性の生徒さんとなるとぐっと人数は減ります。女性の先生がレッスンで生活していく為には、男性の生徒さんと一緒に組んで教えるだけでなく、女性の生徒さんと組んでレッスンする必要があります。その為には男性のステップとリードの習得が必須です。


プロとしてある程度経験のある先生ならば問題ないのですが、プロに成りたての先生はなかなか大変だと思います。最近ではダンス教室でレッスンするのではなく、ダンスホールでアテンダントとして働くプロも増えています。


これ以外にも女性の先生がレッスンで生活していくのに大変な理由があります。言葉を選ばずに言うと若い女性の先生はなめられやすいです。女性だから、自分より年が下だからという理由なのか分かりませんが、、、、まだまだ女性の権利が十分でない日本の社会が原因なのかもしれません。性別、年齢、キャリア、だけで物事を判断すべきではないよね。ちなみにそういった人は先生のいうことを聞かないので当然上手くなりません。

ちなみに若い男性の先生にも同じように接する人はいるので、一定数そういう方がいるのは仕方のないことなのかもね。若い、女性であるというだけで何となく下にみてくるみたいな、、、、


逆に言うと、技術、知識、考え方、、、、この辺りを磨かずに年月だけ経つと本当にヤバいです。これは年齢に比例しない。先生を選ぶ時に本当に見た方が良いのは多分ここ。僕も頑張って勉強し続けていきたいと思います。




こちらもどうぞ!
先生との信頼関係は大事!
日本のダンス界はリーダーが偉い問題~その①~
ダンス歴の長さと上手さは比例しない



クリックお願いします!!

社交ダンスランキング


神奈川県鎌倉市大船の社交ダンス教室
Mato Ballroom Dance Club

麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら



社交ダンスランキング