社交ダンスは男性がリードして女性がフォローするという形が基本です。男性はリードする難しさがあるので女性の3倍大変と言われています、、、、が本当にそうなのでしょうか?


もちろん初期のレベルでは男性の方が大変かもしれません。初心者男性が自信を持って踊れるようになる為には自分のステップの他に、フロアクラフトも考えた上でリードができるようにならなければならないからです。


それに対して、最初に女性に求められることは男性の動きに合わせて動くこと。初心者の女性も、男性が上手ならばなんとなくついていき踊ることが可能です。女性はステップを覚える必要がないと教える先生がいるくらい。まぁそれもアリかな。ステップを覚えなくても良いならば確かに男性の方が大変かも、、、


でもレベルが上がってくるとどうでしょう?ひたすら男性についていくことを練習していたのに、上達するにつれて「待ちすぎ」と言われたり、「もっと自分で動いて」と言われたり、、、、動けばいいの?待てばいいの?どっち?!となることも少なくありません。


目指すべきはリードをしっかりと受けつつも、自分で積極的に動く状態です。でもこのバランスが難しいよね。そして積極的に動く為には、やはり自分自身の動きの理解が必要だと思います。男性のリードを受けて自分自身のボディーはどのように動くか、自分の脚はどのように動くか、、、計算された上で動くのと、なんとなく感覚だけで動くのでは結果が異なってきます。


そういった意味でも個人的な考えですが、上達するにつれて女性はシャドーができる必要があると思います。「結局、男性と踊る時は男性に合わせなきゃいけないんでしょ?」という声もあります、、、確かにそうなんですが、シャドーできる状態でフォローをする、そうでない状態でフォローをする、では作られるムーブメントも変わってきます。


ラテンの場合、男性よりも女性の方がターンやステップの数が多いです。スタンダードの場合、ステップ数は男性と変わりませんが、シェイプは女性の方が格段に大きい。そう考えると女性のシャドーは男性よりも大変です。男性の方が3倍大変、、、というのも一概に言えなくなってきますね。


大変ではありますが、シャドーできるように頑張ってみましょう!効果は大きいはずです!


クリックお願いします!!

社交ダンスランキング




関連記事

女性のヘッドの位置は??

女性らしいアーム
女性らしく踊るには○○に○○を近づけろ!


神奈川県鎌倉市大船の社交ダンス教室
Mato Ballroom Dance Club

麻戸 洋輔・中村 綾


Mato Ballroom Dance Club の HPはこちら



麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら


レッスンのご予約はこちら



社交ダンスランキン