スポーツは相手と競い、勝敗がつくのがスポーツです。野球やサッカーの敵は相手チームですよね。チームメンバーと協力して相手を倒します。

陸上や水泳は?タイムが出るので自分との闘いとも言えますが、レースですのでやはり相手よりも速いかどうか?ということで順位が決まります。


さて、競技ダンスにおける相手とは?僕らは一体、誰と勝負しているのでしょうか?


もちろんそれはまわりの選手と言えるでしょう。他の選手よりも会場を沸かせる、そして審査員の目にとまる、それが勝敗を分けるのでしょう。


さて、問題は僕らの競技は、審査員が変われば結果が大きく変わる可能性を持っているという点です。そこが他のスポーツと大きく違います。野球やサッカーが審判によって結果が変わると大問題だよね。そのような時は、だいたい誤審と騒がれる時です。


これ、競技ダンスを知らない人からすると、そんなもの競技と言えるの?!と思ってしまうかもしれませんね。なるべくそうならないように、多人数制の審査方式を採用しています。


それでもよく競技会の講評などで「今回の結果は、審査員が変われば簡単に変わってしまうでしょう。今回結果が悪かった人も頑張って下さいね」と書かれているのを目にします。これ、スポーツとして冷静にみると問題発言だな笑


どんなに会場を沸かせても、どんなに他の選手よりも良く表現しても、審査員が点数を入れなければ勝負には勝てません。


そういった意味では、競技会での敵は審査員でもあると考えることができます。そう考えると、どのように審査をしているのか非常に気になってきますね。意外とこの辺の研究は進んでいないのではないのでしょうか?何となく選手が踏み込んではいけない領域、、となっているような気もしますが、非常に気になるし、未開拓な部分です。


審査員が審査時間内のどのようなタイミングでどのようなペースで点数をつけるのか?競技中、審査の目線はどのような軌道となっているか?また、審査員毎にどのような傾向があるのか?こういった研究が進み対策が打てれば、海外で日本人が勝ち上がる可能性も上がったりしないかな?


「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言いますが、もしかして我々は敵のことを殆ど知っていないのでは、、、、

その他の記事