生徒さんに「スピンで上手く止まれないんです。どうやったら止まれますか?」と聞かれることがあります。


そういう場合は一度上手く止まれないステップを見せてもらって「上手く止まれない理由はなんだと思う?」とまずは本人に聞いてみます。


「止まれないのはきっと体幹が弱いからだと思います。体幹はどうやって強くしたらいいですか。」とか「バランスが悪いんだと思います。なんかグラグラするんですがいい方法はありませんか?」なんて答えが返ってきます。


もちろん、体幹が強くすること・バランスを良くすることは大事です。ですが、原因はそれ以外のことが多いです。


その原因とは、ずばり「回転しすぎて止まれない」です!


そんなバカな…と思う人もいるかもしれませんが、とっても多いんです。私もいまだにやってしまうときがあるので気を付けています。


回転して止まるのが上手い人は、そうでない人に比べ、早めに回転を止めます。


例えば、スリーステップターンで一回転。見た目は同じ一回転ですがやっていることは違います。
普通に踊ると、足を開く・閉じる・開くの3歩踊る間に一回転。


上手い人は、最初の2歩で回転は終わり。と考えます。そして残りの3歩目はラインを作りに行きます。回転量は最初の2歩で一回転ではなく、一回転よりも回転量を90度少なくします。なぜかというと残りの90度は惰性で回転してしまうからです。


この惰性の計算ができると止まるのがかなり楽になります。車を運転している人なら制動距離という言葉を知っている人も多いと思いますがそれに似ています。


車を運転していて急ブレーキを踏むと、車が実際に止まるのはブレーキを踏んだ位置より少し進んだところ。ブレーキが利くまでに進んだこの距離を制動距離と言います。「車は急には止まれない」ってやつですね。


コレと似たようなもので、人間も急には止まれません。しっかり一回転回ってからピタッと止まるのは無理があるのです。そのせいで余分に身体に力が入ったり無理やりバランスをとるのでグラグラしたり、変な形になったりしてしまいます。だから本当に止まりたい方向を向く前にブレーキをかける必要があるのです。


ちなみに制動距離は車のスピードが速ければ速いほど、距離が長くなります。これも似てるんです。回転も回るスピードが速ければ速いほど惰性で回る分量が増えるので、スピードが出ているときほど回転量を少なく、ブレーキをかけるタイミングを早めにします。


「以前は上手く止まれていたのに急に止まれなくなった」という人は、練習したことにより、以前よりも回転のスピードが上がった可能性もあります。回転するスピードに合わせて、回転を終えるタイミング・回転量を調節しましょう。


スタンダードでもラテンでも、歩幅が出るようになると一歩のスピードがあがります。同じ時間、例えば1秒で1m進む人と1秒で2m進む人がいたら、2m進む人は1mしか進まない人の倍のスピードで移動してるよね。ステップのカウントは同じ1拍でも進む距離が延びればスピードは自然と上がるのです。


スピードが上がるとブレーキをかけてから止まるまでに時間がかかる、だからブレーキをより早くかける必要がある。自分が上達するたびにスピードは上がり、ブレーキの計算をし直さないといけなくなります…なかなか難しいよね。


動ける人ほど「回転しすぎ」が起こりやすくなるので、一生懸命練習しているであろうブログ読者さんもお気をつけください。「えっ、こんなに少なくていいの?」っていう回転量のほうが意外とスパッと止まれたり、次の動作がスムーズにできたりします。


「なんだか止まりにくいな~」と思ったら回転を止める(ブレーキをかける)向きと止まったときに向きたい方向が同じになっていないか確認してみてください。


関連記事