今読んでいる本におもしろい事が書いてありました。

以下、『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!』(苫米地 英人著)より抜粋。


「脳には 、無数の情報の中から自分にとって重要な情報だけを認識するスクリーニングシステムが備わっています 。 そのシステムをつかさどる部位は脳の基底部にあり 、 R A S (網様体賦活系 )と呼ばれています 。R A Sは 、自分にとって重要な情報かどうかをより分けるフィルタ ーです 。
私たちは 、 R A Sの働きによって 、自分に関係があると思う情報だけ受け取るようにできているのです 。自分に関係がないと思う情報は無意識のうちにシャットアウトされています 。」


コレ!ダンスのレッスンでもホントにとてもよく起こります。重要なポイントをお話ししても生徒さんに伝わっていなそうだったら、今の話しで重要な点は何でしたか?と生徒さんにもう一度訪ねて確認します。


伸び悩んでいる人は結構な確率で的外れな事を答えます。真剣に聞いているのに、です。ホールドの作り方の話しをしていたのに重要なのは足型!と答えたり、リズムの話をしていたのに姿勢が大事!という具合です。


ごい人になると、足については一言も言っていないのに、先生の足はこう見えたからこうすればいいんだ!というオリジナル理論ができあがっていて、さっき先生がこう言った!と言う人も。もちろん、「えーっ!!そんな事一言も言ってないよ?」と訂正しますが、そこは聞こえていなかったり。笑


本にも出てきたように、何回も同じ注意しても出来ない人はどうやら注意の重要な部分が、自分に関係ない情報としてシャットアウトされているようです。


教師側は生徒さんが上達するために、今現在生徒さんの中で自分に関係ない情報として分類されてしまっている重要な情報を、どうにかして自分に関係のある事と認識させる必要があります。


なので、パターンとしては
1.何度も同じ事を違う言い方をして伝える
2.少し違うテーマを挟んで再び伝える
3.生徒さんの興味のあるテーマに繋げて伝える
と、あの手この手で頑張ります。


この中で私的に一番効果があるのは3番です。なぜなら興味のある事は自分に関係がある事として響きやすいからです。ただし、キチンとした関係付けがないと説得力がないので、今一番取り組みたいテーマにアプローチしにくいのがデメリット。なので、1番、2番も繰り返し使います。


というわけで、先生達がレッスンで何回も何回も同じ事を言うときは、それがとっても重要かつ意識や練習が足りていないからです。まぁ受ける側の生徒さんもそれは重々承知していると思いますが、なかなかスパッと伝わらないときもあります。


先生の伝え方が変わり、それが功を奏して生徒さんの意識が自分にとって重要な事なんだ!と変わったときがタイトルの「同じことを言われていたのにはっと分かる瞬間」なんだと思います。


また、いろんな先生に同じ注意を受けると何人目かではっと分かるのも同じです。あの人もこの人もみんな同じことを注意するならよっぽど自分にとって必要な事なんだろうなと重要さが分かるのだと思います。一度、自分に重要な情報として認識されるとその情報はどんどん頭に、目に、耳に入るようになります。昔書いた同じダンス動画なのに見る度ダンサーが上手くなる!という記事も同じ原理ですね。


この「はっとする瞬間」はダンスが上達するキッカケを掴む瞬間でもあるし、そう言う気づきに出会える瞬間はダンスの楽しさの一つですよね!教師側としても伝え方を工夫してはっとする瞬間をたくさん作れるよう頑張りたいです。


こんな記事も。読んでね~!